【11/23に延期】立川昭和記念公園花火大会2018の日程や屋台情報、混雑状況は?

花火pic

残念ながら台風12号の影響で立川の夏の花火は中止となってしまいました。

今年の夏は台風をはじめとし災害が多かった年でもありますね。いろんなところで花火大会が中止になったようです。

立川の花火大会は11月23日(金)に延期するとの発表があり、開催されることになりました。

改めて、本年の立川まつり国営昭和記念公園花火大会2018の基本情報や見どころ、混雑状況などをご紹介します。

スポンサーリンク

立川昭和記念公園花火大会2018の基本情報

 

花火大会基本情報

名称:立川まつり国営昭和記念公園花火大会

 

開催日:平成30年11月23日(金・祝) 18時~19時     
雨天決行 荒天の場合中止となります。

 

打ち上げ時間:18時~19時

 

会場:国営昭和記念公園 みんなの原っぱ 
*東京ドーム2個分の広さ

 

有料席:あり 打上総数:6,000発(予定)

立川昭和記念公園花火大会2018の見どころ

立川まつり国営昭和記念公園花火大会の見どころは高度400m、開いた花火の大きさが380mのダイナミックな一尺五寸玉をはじめとした 豪華なワイドスターマインなど、観客を飽きさせない構成になっているところです。

全国の競技会で優秀な成績となった花火作品、「芸協玉」が名物となっていて、花火名人の技を楽しむことができます。

また雨だったら?

今度こそは雨も降らず良いコンディションで花火大会が行われることを祈りますが、もし雨だったらどうなるのでしょうか。

公式の情報によると延期や順延の情報がありません。

しかし、雨天決行、荒天の場合中止とあります。

荒天とは運営側の判断により

打ち上げ現場において風速が継続して秒速7メートル以上の場合は荒天と定義され、打ち上げ中止となります。(東京都多摩環境事務所火薬電気担当)

引用:立川まつり 国営昭和記念公園 花火大会

 

と記載されています。

 

荒天でなければ雨でもやるーーーー!

ということなのですが、実は2017年の昭和記念公園の花火大会も雨が降ってしまい、決行したのですが観客からの評判がいまいち良くないという結果に終わっています。

 

16時くらいから雨が結構降っていました。打ち上げの時間には本降りに。あの天候で開催する意味がわかりません。霧がかってぼんやりしか見えない花火もありました。通行人が多く傘がぶつかりてとても歩きにくく、メイン会場も暗いし遠いです。2017年の花火大会は最悪だと思いました。

引用:乗り換え案内のジョルダン

 

最悪です。 順延があるにも関わらず、雷予報の中 強行決行。 有料席を取っていたので、とても勿体無いです。 延期すると費用がかかるのも分かりますが、お子様やお世話になっている方々のことを考えていないのだなと感じました。 この雨天の中では花火も綺麗に見えません。 もう予約しません。

引用:乗り換え案内のジョルダン

 

悪い評判を紹介するのも気が引けますが、やはり安全面などを考えると強行と思われるような開催も考えものなのかもしれません。

今年は日本三大花火大会のひとつの土浦全国花火競技大会でも強風により事故が起こり、中止となりました。

悪天候はリスクが伴います。

花火大会の運営側の判断だけではなく、ご自身でも開催の有無にかかわらず、悪天候の場合は判断する必要がありますね。

昭和記念公園のアクセス方法

電車

◆あけぼの口

JR中央線・立川駅より約10分
多摩都市モノレール・立川北駅より約8分

 

◆昭島口

JR青梅線・東中神駅より約10分

 

◆立川口

JR中央線・立川駅より約15分
多摩都市モノレール・立川北駅より約13分

 

◆玉川上水口

西武拝島線・武蔵砂川駅より約25分 (残堀川緑道経由)

 

◆西立川口

JR青梅線・西立川駅より約2分

 

◆砂川口

西武拝島線・武蔵砂川駅より約20分

 

各入口から公園内の会場(みんなの原っぱ)までの所要時間は下記のマップをご確認ください!

 

車で

中央自動車道国立府中ICより8km。

中央自動車道国立府中IC下車。国道20号線を立川方面へ。日野橋交差点を右折。

ですが、当日は周辺道路は大変混雑します。

花火大会に合わせて周辺道路は交通規制が行われますので車の来場はおすすめしません。

スポンサーリンク

駐車場はある?

国営昭和記念公園には「立川口」「西立川口」「砂川口」の3ヶ所に駐車場があり、営業時間は公園の開園時間と同じです

昭和記念公園に問い合わせたところ、花火大会のために昼間から駐車し花火大会終了まで駐車することは原則できないとのことです。。

実質、場所取りのために公園の開園時間内に車で来場するという事もできますが、

本来は17:00以降は出庫しなければなりません。

 

結論! 駐車場はあるが花火大会用の駐車場ではないのでトラブルがあっても何も言えないかも。。。

 

花火大会終了後の交通規制解除後は道路が大変混雑するので車での来場はやめたほうが無難です。*経験者談
どうしても車を利用する方は交通規制のかかっていない近隣の駅近くのコインパーキングを利用しましょう。

 

交通規制情報

会場周辺は交通規制が行われます。公園周辺は車の通行が出来ませんので注意してください!


*クリックすると拡大できます。

 

会場マップ

昨年の花火大会プログラムと会場MAPです。

立川花火大会プログラム
画像元:立川観光協会

*クリックで拡大できます。

今年のプログラムなど公開されましたら随時更新しますね!

スポンサーリンク

混雑状況

花火大会当日は駅周辺と会場は大変混雑します。

例年の人は昭和記念公園内で約26万1000人、外周道路等含め67.9万人以上となります。特に最寄りの西立川駅と西立川口は大変混雑しますので他の駅と入り口を利用しましょう。西立川駅は大きな駅ではありませんので大変危険です。

花火大会前に買い出しをされて行かれる方はJR立川駅や多摩モノレールの「立川南駅」や「立川北駅」を利用されるかと思いますが、こちらも公園までの道のりが通常15分くらいのところ30分はかかってしまいます。

時間に余裕を持って行動してください^^

「昭島口」「玉川上水口」「砂川口」の方が比較的混雑がゆるやかなので、こちらの方が入園しやすいですよ。

特に15時過ぎの昭和記念公園の無料開園前は混雑します。※無料開放は16時予定

花火大会は帰りの方が観客が一斉に帰宅しますので混雑が酷くなります。対策としては比較的混雑の少ない西武線を利用するなどの検討をしてみてください。

また、帰りの切符はあらかじめ購入しておくことをおすすめします。

場所取りの方法

場所取り

花火が一番良く見えるのは会場でもある「みんなの原っぱ」になります。

こちらにレジャーシートを敷いて鑑賞するのがおすすめですが、場所を確保するには早めに来場することをおすすめします。

花火大会当日は16時以降から公園が花火大会のため無料開園となりますので、多くの方が16時前に入り口に集まります。

16時以降の場所取りはかなり大変なことになりますので相当な気合いが必要です。

確実に場所を確保するためには昭和記念公園の開園時間内(17:00)までに入場することをおすすめします。

時間は早ければ早いほうが良いですね。

昼間の公園の入園には入園料がかかりますが、入園料を払って場所を取る価値はあると思います。

 

開園時間 9:30〜17:00

当日は午後4時以降から無料開放

入園料 一般 450円 / 小・中学生 80円 / シルバー(65歳以上) 210円

 

 

有料席観覧席

国営昭和記念公園みんなの原っぱ特設エリア内に有料観覧席が用意されます。

ゆっくり見たい方にはおすすめです!

料金

◆レジャーシート付チケット(0.9m×1.6m): 定員2名  6000円  販売数 1200

◆イス席チケット:定員1名 4000円  販売数 180

◆団体シートチケット(5m×5m):  定員10名 40000円   販売数 20

 

発売開始日時

平成30年10月1日(月)午前10時~

 

■公式ホームページ販売 http://www.tbt.gr.jp/hanabi/
※ローソン・ミニストップでの発券となります。全国のローソン・ミニストップ・セブンイレブンでお買い求めください。
ローソン・ミニストップでは店舗内のチケット販売機Loppi(ロッピー)で、Lコードを入力します。セブンイレブンではマルチコピー機をご利用ください。
インターネットまたは電話でのご予約も承りますが、チケットのご購入はローソン・ミニストップ・セブンイレブン店頭となります。

 

■ローソンチケット
※Lコード 30088
※インターネット予約 http://l-tike.com/
※電話予約 0570-084-003 要Lコード/24時間自動音声対応)
※チケットに関するお問合せ(予約対応も可) 0570-000-777(オペレーター対応10:00~20:00無休) 0570-000-407(オペレーター対応10:00~20:00無休)

 

■セブンチケット
※インターネット予約 http://7ticket.jp/sc/zj8t
※チケットに関するお問合せ (お電話でのご注文はお受けできません) 0077-787-711(オペレーター対応8:00~23:00) 一部IP電話・ひかり電話などは045-330-8711(オペレーター対応8:00~23:00)

 

チケット購入時、国営昭和記念公園に入園するための「立川まつり国営昭和記念公園花火大会 公園入園券」が同時に発券されます。特別協賛者観覧チケットをお持ちの方で、国営昭和記念公園の有料時間内に入園される方は、入園ゲートで「公園入園券」を1人1枚公園係員に渡してご入園ください。(入園料はかかりません。)※特別協賛者観覧チケットでは入園できません。

屋台は出るの?花火大会の買い出し情報

花火大会にはビールやおつまみジュースなど欠かせませんよね。

屋台で買い物をするのも楽しみのひとつでもありますね。 会場の「みんなの原っぱ」には屋台が出るのですが、残念ながらその数が非常に少ないのです。

今年の内容はわかりませんが、期待はしない方が良いかもしれません。

ですので、買い物は会場外で行いましょう。 近くの駅は西立川となりますが、混雑が激しいので買い物は立川駅周辺でするのが良いでしょう。

立川駅ならファストフードや大型デパートが豊富ですのでお惣菜なども購入できます。

まとめ

立川昭和記念公園の花火大会は墓の花火大会同様大変な混雑をしますので、混雑回避をよく検討してスムーズに会場に入ることをおすすめします。 場所さえ確保してしまえば後は広い敷地でゆっくり花火を楽しむ事ができますよ。 後は帰りの混雑もあるのでルートを変えるなどの検討してみてください!

・車での来場はおすすめできない。

・場所の確保は入場料を払っても昼間からおこなた方が良い。

・西立川駅と西市立川口は混雑が一番ひどいのでそのほかの入り口を利用すると良い。

・園内は広いので歩く距離は長くなります。昼間から行く方は熱中症に注意です。

・公園の北側の「昭島口」「玉川上水口」「砂川口」は比較的スムーズに入場できる。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です