TruSens (トゥルーセンス)空気清浄機を買うべき人とそうでない人は?

TruSens (トゥルーセンス)空気清浄機を買うべき人とそうでない人は?

スポンサーリンク

空気清浄機を選ぶ際にいろいろと悩むのが、

・配置などの正しい使い方

・どんな機能が必須なのか

・本当に部屋を綺麗にしてくれるのか?

意外と疑問が多いものですよね。

花粉症対策など目的によっても商品への視点が変わってきます。

そして、種類が多すぎて選べない・・・

今回は私が気になった空気清浄機「TruSens (トゥルーセンス)」の機能と口コミをまとめました。

この記事では

・空気清浄機の効果が目に見える。

・部屋全体までいきわたる気流が魅力。

・花粉症にも効果を発揮してくれる。

・ウイルスやバクテリアを殺菌。

そんなTruSensを買うべき人、買わないほうがイイ人に分けて分かりやすく紹介しています。

TruSens(トゥルーセンス)の商品の特徴は?

 

この商品には素晴らしい機能がついていますが、特に注目したのは

・エアフィルターに閉じ込められたバクテリアやウイルスを殺菌

してくれるという点。

 

部屋の中でくしゃみや咳をすることは日常的ですが、これらの粒子が部屋の中を浮遊してしまっているんですよね。

・部屋の悪い粒子を吸い込み

・フィルター内で殺菌する

という事ですから、安心度はぐっと上がります。

 

空気清浄機を使っていて本当に部屋の空気、ウイルスを可能な限り抑えててくれているのかと思うこともありますよね。

部屋全体の空気を

・常にモニタリング

・状況をディスプレイでお知らせ

してくれるんです。

 

空気清浄機の効果を目で見て感じることができるのです!

 

もう一つすごいのが、離れたところにセンサーポッドを置くことで

・離れた場所の空気の状態も本体に知らせる。

・本体周辺だけではなく、部屋全体の空気を綺麗にする。

このようなことが考えられています。

 

部屋全体の空気を綺麗にするために

・空気清浄機からは2方向に向かって風を送り出す。

・2方向の気流によってクリーンな空気をまんべんなく部屋に全体に届ける。

という仕組みになっています。

 

フィルター内でのバクテリアやウイルスの殺菌は健康被害の心配が少なくなるので私としてはポイントが高いですが、

・コロナウイルスに効果があるというものではありません。

その点は間違えないようにしてくださいね。

 

私のように

・ハウスダストのアレルギー

・花粉症

の人にとってはありがたい空気清浄機ですよね。

 

トゥルーセンスには3種類のラインナップがあり、

・ミディアムルーム 35 m²(約21畳)まで

・ラージルーム 70 m²(約43畳)まで

・スモールルーム 23 m²(約14畳)まで

となります。

スモールルームサイズにはセンサーポッドは付属していません。 センサーポッドは不要なお部屋サイズになっています。

 

TruSens(トゥルーセンス)消耗品の交換目安は?

購入者さん提供の消耗品の交換目安を紹介します。

・外側のプレフィルターは水洗い可能。

・ドラムフィルターは1年程度で交換。

・カーボンフィルターは3~4ヶ月で交換。

・殺菌のためのUVは2~3年で交換。

国産の空気清浄機だと2年程度で交換なので、比較すると頻度は多そうですね。

 

TruSens(トゥルーセンス)商品の悪い口コミ&デメリット

TruSensを使った人の良くない点も挙げられていますので紹介します。

・音に関しては甲高いモーター音が常に発生しているので、最小の音量モードでも、個人的にはこのモーター音が気になり、とても寝室では使えません。
※ラージ(約43畳用)使用

購入者

 

購入者

・ターボモードはアメリカらしくかなり豪快な音。通常の静音モードだとかなり静か。
※ミディアム(約21畳用)使用

 

・重さもけっこうあるけど、まぁそれほど頻繁に持ち運ぶものでも無いし、気にはならない。
※ミディアム(約21畳用)使用

購入者

 

・スマートスピーカーと接続できないのが物足りない。
※ミディアム(約21畳用)使用

 

・フィルタなど消耗品の今後の購入が心配。
※ミディアム(約21畳用)使用

 

・加湿機能がついていない。
※ミディアム(約21畳用)使用

 

・消耗品の交換頻度が高い。本体だけでなくセンサーポッドもこまめな掃除が必要。空気清浄器としての性能は国産をしのぐ部分もあるのですが、その性能を保つための手間が多いのところがちょっと多いのは気になるところです。

※ミディアム(約21畳用)使用

※上記口コミはAmazonを参考にさせていただきました。

 

TruSens(トゥルーセンス)をおすすめしない人

 

・海外製品を信用できない人

これはアメリカの企業の製品になります。確かに電気製品は日本製が一番という人が多いですね。実際は使って見ないとわからない部分はありますが、種類が多すぎて選べないという事もあります。それを考えると絞り込みの際に「ジャパニーズブランド限定」という感が方もアリですね。

 

・神経質な人

ターボモードにすると豪快な音でうるさく感じるでしょう。通常モードでは日本製と同等の音なので寝室では使わないという工夫をすれば良いのでしょうけど、「使いたいときに使えてストレスがない」これが消費者の心理ですから、そこは完全に満たせないという点では考えても良いかもしれませんね。

 

・フィルターなどの消耗品の購入が心配な方

海外製となると永続的に消耗品が買えるかなどの心配がありますよね。

現時点で消耗品ははネットで購入が出来ます。

これは私の考え方ですが、一つの家電を何年間使うかという事もあります。数年という方がほとんどではないでしょうか。

壊れていなくてもどんどん新商品が出てくる世の中で時代にあわせた買い替えもあるでしょう。

私の場合は消耗品の買い替えはあまり心配しません。

心配であれば買えるうちにストックも購入すれば良いと思います。

TruSens(トゥルーセンス)の良い口コミ

 

購入者

・センサーポッドの性能は良いようで、よくチリやホコリを感知し、空気清浄レベルを上げ、反応してくれている印象です。特に、チリ・ホコリが数値化されているので、目に見えてきれいになっていく様は、見てみて嬉しいです。 ※ミディアム(約21畳用)使用

 

・14畳のリビングで使ってみての感想。大柄でかなりの存在感なんだけど、円筒形だからか圧迫感はそれほど感じない。 ※ミディアム(約21畳用)使用

購入者

 

購入者

・センサーポッドが優秀で、広いスペースでは全体の空気を感知するのに威力を発揮する。「本体の近くだけ快適」というありがちな状態は無くなるのでGOOD。 ※ミディアム(約21畳用)使用

 

・それほどの大きさでも無いし、テーブルの上か棚の上にでも置いておけば違和感もさほどない。日本では家庭よと言うよりもオフィス用、店舗用という位置づけになるような気がする。 ※ミディアム(約21畳用)使用

 

・約14畳の洋室で使用していますが、今までの空気清浄器より性能よさそう。花粉症なので、閉め切って空気清浄機つかってますが、これにしてから、部屋にいる間は調子がわるくならないので、効いているんだと思います。 ミディアム(約21畳用)使用

 

・本体は軽いので女性でも難なく移動させられます。操作も超簡単で説明書も必要ないほど。

ミディアム(約21畳用)使用

 

・作動音は通常の静音モードだとかなり静かで、シャープのプラズマクラスターとほぼ同程度。

ミディアム(約21畳用)使用

※上記口コミはAmazonを参考にさせていただきました。

 

TruSens(トゥルーセンス)がおすすめな人

 

・花粉症でお悩みの人

口コミにもありましたが、部屋の中にいるときは花粉症の症状がおさまったというっ口コミもありました。もちろん人によりますが、軽減は期待出来そうですね。

 

・ウイルスやバクテリアの殺菌に魅力を感じる人

部屋の中の細菌を殺菌してくれるのはうれしいですね。この機能で健康が保たれたらうれしいです。

 

・空気清浄機の効果を目で実感したい人

現在の部屋の空気の状態が視覚的に分かり空気清浄機の効果を実感できるという点は安心感がありますよね。

 

TruSens(トゥルーセンス)買えるところは?

 

TruSens(トゥルーセンス)はネット通販や大手家電量販店で購入可能です。

・Amazon

・楽天

・Yahoo!ショッピング

 

・ビックカメラ

・ヨドバシカメラ

など。

今の時期はネットでの注文がよさそうですね!

 

空気清浄機TruSens(トゥルーセンス)のまとめ

 

アメリカ発の高性能空気清浄機TruSens トゥルーセンスの

・製品の特長

・デメリットと良くない口コミ

・良い口コミ

・買うべき人、買わないほうが良い人

・購入方法

をご紹介しました。

こういう家電はたくさんあり過ぎて選べなくなってしまいます。

購入ポイントは最低限に絞って選ぶのが良いと思いますよ。

1つでも気になる良い機能があれば検討してみてはいかがですか?

参考になりましたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です