ハロウィンの仮装 仕事関係でハズさない簡単でおすすめのコスプレは?

仕事関係のハロウィンパーティーに参加する場合の仮装って結構気を使いますよね。

普段からあまり仮装をしない男性の場合は特に、あまり羽目を外さずに簡単に仮装できるものが理想です。

とはいえ、せっかくの仮装なのでおもしろいものに変身できるのであれば場も盛り上がっていいですよね。

年齢的に仮装をするのが少し恥ずかしいという人でも安心、子供っぽくなりにくい大人の男性向けのハロウィンの仮装について紹介します。

面白要素も取り入れた仮装も紹介していますので、パーティを盛り上げたい方はぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

ハロウィンの仮装 仕事関係のパーティーのコスプレのポイントは?

ハロウィンの仮装パーティーを仕事関係の間柄で行う場合気をつけたいポイントは

  1. 顔がわかるような仮装にする
  2. 誰もが不快にならないようなものにする
  3. 面白さを取り入れる

です。

基本的にハロウィンの仮装には決まりはありませんが、お仕事関連で出席しているパーティーの場合は出席者がだれかわからなくなるような仮装は避けましょう。

ハロウィンの定番の一つである血のりを使ったようなものや、本格的なゾンビ系などホラー要素が強めの仮装も不快に感じたり苦手な方がいる可能性もあるので避けた方が無難です。

仮装するキャラクターを選ぶときのポイントはかっこよさや、クオリティを意識した本格的なものではなく、面白くて笑えるようなものの方が出席者に覚えてもらいやすく場の雰囲気も和むでしょう。

面白い仮装と言われるとハードルが高そうに思えるかもしれませんが、実はとっても簡単です。

1番手っ取り早いのは自分の体型を生かすことです。

若い頃に比べてお腹が立派になったなという方は絶好のチャンスかもしれません。

ぽっちゃり体型が生かせるキャラクターの仮装をすると、簡単な仮装でもしっくりきますよ。

また、あえて細身のキャラクターになりきることで一気に面白さを前面に出した仮装になります。

しかし、これはそのまま体型を生かす仮装に比べてハードルが高いので、普段のあなたの性格やお仕事先の方とのかかわり方などを考慮して行いましょう。

 

ハロウィンの仮装 男性で簡単なのは?

ハロウィンの仮装で男性が簡単にできるキャラクターとして吸血鬼やフランケンシュタイン、狼男などがあります。

これらは簡単な上に知名度もあるので、何の仮装をしているのかがわかりやすいところもおすすめです。

それぞれの仮装の方法について紹介しますね。

吸血鬼

吸血鬼ドラキュラの大きな特徴は何といってもマントですよね。

マントは裏地が赤いものがメジャーで、白のシャツに黒のパンツというスタイルが多いです。

そこに蝶ネクタイや紐タイを結ぶと完成です。

中にベストを着たり、スカーフを巻くなどするとより上品な仕上がりになります。

鋭い牙も大きな特徴の一つではありますが、会話がしづらくなってしまう可能性もあるので無理に準備する必要はないでしょう。

吸血鬼の小物としてヴィンテージの杖などがあるといいですね。

 

フランケンシュタイン

フランケンシュタインの特徴は大きな肩幅と頭に刺さったボルトや顔の縫い目などがあります。

他には顔色が緑やグレーなどのものが多いですが、出来れば顔色を変えるのはさけたいという場合もありますよね。

そんな時は大きなボルトを頭に刺してしまうことで大きなインパクトを与えることができます。

服装は暗めの色のジャケットとインナーでいいので普段の服装でまかなえそうです。

肩幅をおおきくした衣装を準備するのもいいですね。

メインの頭のボルトの仮装に悩んだらこちらの商品もおすすめです。

カチューシャなので簡単に装着できますよ。

 

 

狼男

普段から立派な髭をはやしている方にはうってつけの仮装が狼男です。

全身を毛で覆われたものにするもよし、普通の服装に手足だけオオカミのものにするのもありです。

個人的にはふさふさのしっぽはぜひ取り入れてほしいところですね。

大人の男性の獣の耳姿は新鮮で、かわいらしい雰囲気になる方もいるかもしれませんね。

いい年のおじさんが耳をつけるなんてと抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、本人が思っている以上に好評になる可能性もあります。

かわいいおじさん、素敵ですよ。

 

ハロウィンの仮装 男性用の面白いキャラクターは?

せっかくなのでおもしろい仮装に挑戦したい!

そんな方には、ハロウィン仮装で男性ができるおもしろいキャラクターがおすすめです。

面白仮装のおすすめキャラクターは

  1. 紅の豚
  2. 水戸黄門
  3. ルパン三世
  4. Mr.インクレディブル

です。

どのキャラクターも、多くの人に愛されている事が特徴でファンの方もたくさんいますよね。

多くの世代で人気があるというのもおすすめのひとつです。

それぞれのキャラクターの仮装方法はこちら!

 

紅の豚

紅の豚といえば主人公のポルコロッソですよね。

冒頭に体型を生かす仮装についてお話ししましたが、まさにぴったりのキャラクターです。

丸眼鏡と豚鼻、ひげはもちろん、ベージュのつなぎは必須アイテムです。

垂れた耳もかわいらしいポイントです。

ダンディさと愛らしさを兼ね備えたジブリの人気キャラクターは、年を重ねた大人の男性だからこそなれるキャラクターではないでしょうか。

つなぎは少し着古した感じがあるとよりしっくりきますね。

白のスカーフを首元に巻くのも忘れずに!

ぽっちゃり体型な人はぜひ試してくださいね。

 

水戸黄門

若い人でも一目見るとわかる黄門様は、長い白ひげが特徴です。

一緒に行く方がおられる場合は、名わき役である助さん格さんも一緒だと一芝居できそうです。

黄門様の衣装は自力での準備は難しいので、一式セットのものを購入すると楽に準備ができます。

黄門様の名台詞、ぜひ会場で披露してください。

 

 

 

ルパン三世

女性の人気はもちろん男性の中でもあこがれる人は多いはず。

赤いジャケットがポイントで、青のシャツと黄色のネクタイがあれば完璧です。

ルパンのようなすらっとした男性にはもってこいですが、笑いを誘ってぽっちゃり体系のおじさまでも面白仮装になるのではないでしょうか。

お笑い要素を強めに入れたい場合はもみあげを強調してみるのもいいですね。

劇中で手品のようなことをする場面もありますので何か仕込んでいくもの会場が盛り上がるきっかけになるでしょう。

 

 

Mr.インクレディブル

ディズニーの人気キャラクターの一つで家族みんなヒーローという家庭のお父さん、それがMr.インクレディブルです。

お子さんや奥様などと参加する場合は特におすすめですね。

筋肉が衣装についているタイプのものがありますので、着るだけで本格的な仮装ができます。

 

 

 

どの仮装もかっこよくて人気がありますが、少しの工夫で面白くアレンジすることができます。

大人の男性だからこそのキャラクターばかりなので、子供っぽくなる心配もありません。

キャラクターは年齢的にちょっと・・・と諦めずにぜひ挑戦してほしいです!

 

さいごに

仕事関係のハロウィンパーティで仮装をするときのポイントは

  1. 顔がわかるような仮装にする
  2. 誰もが不快にならないようなものにする
  3. 面白さを取り入れる

です。

簡単に仮装ができるものの例として、「吸血鬼」「フランケンシュタイン」「狼男」などがあります。

少し面白要素を取り入れたい、キャラクターに挑戦してみたいという方には、紅の豚、水戸黄門、ルパン三世

、Mr.インクレディブルがおすすめです。

仮装は若い人がするものと思われがちですが、年を重ねた男性だからこそしっくりくるキャラクターもたくさんいます。

自分の体形や特徴を生かして、会場をわかせるような素敵な仮装をしてくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です