面接の服装どうしよう!パート採用のためにふさわしい身だしなみは?

これまで正社員として働いてきた方が、子育てなどの理由で退職し、パートとして復職しようと思った時、どのような服装で面接に臨めばいいかと悩んだことはありませんか?

正社員としての面接の時は迷うことなくスーツを着ていたと思いますが、パートの場合でも着て行ったほうがいいのか悩みますよね。

しばらく袖を通していなかったスーツが合わなかったりすると、新しく買うというのもなんだかもったいない気がするという方もいるかもしれません。

自宅にある服で済ませられたらそれに越したことないですよね。

パートの面接ではどんな服装が適切なのでしょうか。採用されるためのおすすめの服装について紹介します!

  • パート面接に適した服装は?
  • 職種別パート面接に適した服装。
  • 面接にNGの服装。

このような内容のお話をしていきます!

パートの面接でも服装で不採用もあり得る!

たとえパートとはいえ、これから一緒にお仕事をしていく上で、誰でも、どんな人でも良いというわけではありません。

外見だけで人は判断できないとは言いますが、面接においてやはり第一印象というのは重要でしょう。

短時間の間にどういう人なのか、これからお仕事を任せられるかといったことを判断しなくてはいけない雇い主側にとって服装も判断材料になります。

面接という場において、どういう服装が好ましいと判断したか、ということを相手は見ています。

お仕事の内容、勤め先によっては、服装だけで採用を見送るという判断をされるところもないとはいえません。

パートだしそんなに堅苦しくなくても、という気持ちはわかりますが、あまりにも場違いな格好では、せっかくのチャンスが台無しになりかねませんよね。

第一印象というのは出会って数秒で決まるもの。

これから始まる面接において、あなたと話してみたい!と思ってもらえるような印象を持ってもらうことが大切です。

パート面接時の服装でNGなのはコレ!

では、面接に向かないNGの服装とはどういうものがあるのか考えてみましょう。

どのような職種であっても、Tシャツに、ハーフパンツといった格好は明らかに不釣り合いですね。

さすがにラフすぎるでしょう。

男性でも女性でも、露出の多い服は避けるべきです。

また、過度に短すぎたり、長すぎたりするのはおしゃれをする時にして面接の場では控えるようにしましょう。

シルエットがゆったりしたタイプの服なども、おしゃれでは良くても面接ではあまり好まれません。

 

特に女性の場合、スカートやワンピースで面接に向かわれることもあるかと思いますが、スカート丈は膝丈くらいが良いでしょう。

 

忘れがちですが靴にも気をつける必要があります。

あまりに履き潰したスニーカーでは、せっかく服装が良くても台無しです。

新しい靴を用意する必要はありませんが、汚れや傷みが目立つような靴は避けましょう。

 

靴だけでその人が判断できるとも言われています。

私も上司には靴を見れば大体、その人間がわかるので、おしゃれが苦手でも靴だけは常に綺麗にしておくようにと教わりました。

スポンサーリンク

パート面接に最適な服装や小物は?

面接を受けるにあたって、スーツが場違いだと思われることはほとんどありません。

スーツを着ていくことで、もっと気楽に来てくれてよかったのにと思われることはあっても、不快に思われることはまずないでしょう。

無難と言われる服装はやはりスーツですね。

スーツ以外の適切な服装

スーツ以外となると、ビジネスカジュアルが良いですね。テレビでよく観るOLさんのイメージです。

シンプルなシャツ、カットソーにジャケットもしくはカーデガンを合わせるようなスタイルが清潔感もあり良いです。

スポンサーリンク

 

スーツ以外の服装で気をつけるポイント

パンツでもスカートでもどちらでも構いませんが、スカートの場合は長さに注意しておきましょう。

ワンピースでも問題はありませんが、Aラインの清潔感のあるような形のものが良いと思います。

ノースリーブやオフショルダーのような形は避けるようにしておきましょう。

どうしても着ていくしかないという場合は、カーデガンなどの上着を羽織り、過度な露出がないように調節すると良いですね。

 

ストッキングはベージュが好ましいです。

靴や小物は?

落ち着いた色のパンプスを履くようにしましょう。

アクセサリー類は、特に必要ない場合は装着しないほうが無難です。

指輪なども結婚指輪以外は装着しないほうが良いでしょう。

 

男性の場合はどんな服装が良い?

男性の場合も、スーツが無難ではありますが、それ以外の服装としては落ち着いた色のパンツにシャツ、カーディガンもしくはジャケットの着用をしましょう。

ジャケットを着用しているだけで服装がしまります。

季節的にジャケットが不要の時期などは、襟付きのシャツのほうがしっかりした印象になります。

 

カバンのについては、履歴書が入るA4サイズのもので手提げタイプかのものが良いでしょう。

リュックでは、カジュアルさが増しますのでおすすめはできません。

 

職種によって違うオススメの服装

これまでは、一般的な服装について紹介してきましたが、職種によっては許容の幅があったりします。

各職種によってお勧めの服装についても個別に紹介していきましょう。

 

事務職

事務の面接はパートさんでもスーツで行くのが良いかと思います。

ほかの従業員の方がスーツで出勤されていることが多いと思いますので、会社の雰囲気に合わせられるのが良いと思います。

仮にスーツがないという方でも、落ち着いた色のパンツとジャケットは着用するようにしましょう。

 

アパレル関係

アパレル関係の場合はシンプルなスーツよりは、私服のほうがかえって好印象な場合もあるかもしれません。

面接を受けるショップの系統をリサーチし、より近いイメージの服装を選ぶと良いでしょう。

アパレル関係のお仕事は、センスが問われることが多いので服装についての評価は他の職種よりシビアです。

そういう意味では、無難でまとめすぎるとかえって良くないかもしれません。

カジュアルすぎず、清潔感のあるコーディネートを心がけましょう。

 

飲食店

飲食業で最も大切なことは清潔感です。食品を扱いますので、ここは必ず見られます!

服装は清潔感があるものを重視しましょう。

襟付きのシャツのほうがおすすめです。

汚れが目立つ服やよれよれの服などはもってのほか。

比較的新しい服を選ぶようにしましょう。

 

髪形やネイル、アクセサリー類についても注意が必要です。

髪はしっかりまとめ、ネイルは取って行くようにしましょう。

 

コンビニやスーパーなどの小売店

比較的服装についてはあまり重要視しない職種かと思います。必ずしもスーツで行かなくてはいけないということはないでしょう。

ですが、だからと言ってあまりにも普段着すぎ るのはよくありません。

ジーンズやトレーナー、フード付きのパーカーなどは、ラフ過ぎるので避けましょう。

 

服装であなたの第一印象が決まる!ぴったりの服装選びで好印象を得よう!

面接の時間というのはあっという間です。その間にいかに相手に好印象を与えられるかが重要になってきます。

場面に合わせた服装を選び、第一印象から好印象を得ることで、採用してもらえる可能性は大きくなります。

適切な服装を選び、面接を有利に進めましょう。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です