沖縄の海に入れる時期はいつまで?気になる気温や紫外線情報も紹介

沖縄の海に入れる時期はいつまで?気になる気温や紫外線情報も紹介

飴まるです!

日本で一番長い期間、海に入れるところと言えば

沖縄ですね。

見どころの多い場所ですが、

せっかく行くなら青い海を眺めながら

のんびりしたり、マリンアクティビティを

楽しみたいですね。

 

今回は旅行を計画している人に向けて

沖縄の海を楽しめる時期や気候の

情報をお伝えします!

 

スポンサーリンク

 

沖縄の海はいつまで入れるの?

 

まず、沖縄の海は他の地域よりも海開きの時期は

早くなっており、3月〜4月が多いようです。

2018年は万座ビーチ(本島・恩納村)が3月17日で

順次4月中旬頃までは全て海開きとなる様です。

また、石垣島や宮古島、渡嘉敷島などのの離島に関しても

3月21日から海開きをしています。

 

 

では、沖縄ではいつ頃まで海で遊ぶことができるのでしょうか?

 

沖縄で海に入れるのは3月〜11月頃までです。

 

次に月別に海の様子をまとめてみますね!

 

月別の沖縄の海の様子は?

沖縄の海に入れる時期はいつまで?気になる気温や紫外線情報も紹介

月別に海の様子と平均気温、紫外線(UVインデックス)をまとめました。
*UVインデックスとは紫外線が人体に及ぼす影響の度合いをわかりやすく示すため、指標化したものです。

 

3月

海開きしたとは言え、まだ海水浴をするには
少し早い時期です。ウエットスーツを着て
ダイイングやシュノーケリングは出来ます。
海から上がるとまだ寒いですので、旅行を計画する際は
マリンレジャーとその他の観光を組み合わせて考えると
良いと思います。

平均気温 (高 / 低 )       21° / 16°
UVインデックス          5.6(中程度)

4月

ほとんどのビーチが海開きが終わっていて、水温も24℃
位まで上昇します。海から上がるとまだ寒い日もあるので、
晴天の日に入ることをオススメします。
管理されているビーチではライフガードの常駐も始まるので
安全面からも4月以降が良いと思います。

平均気温 (高 / 低)      24° / 19°
UVインデックス        6.1(やや強い)

 

スポンサーリンク

 

5月

まだまだ、日によっては寒さを感じることもあるので、
海の中でもラッシュガードなどが必要ですね。
また、海に上がった後も羽織るものを用意しましょう!
夏ほど暑くはありませんが、紫外線が強くなりますので
対策はしておきましょう。
5月は沖縄の梅雨入りになります。

平均気温 (高 / 低)   27° / 22°
UVインデックス      6.6(強い)

6月

沖縄の6月は海水浴やマリンレジャーを中心に楽しめる
ベストシーズンへ突入です!
ただし、6月中旬ごろまでは梅雨の時期なので、日によって
は肌寒い日があります。

 

参考:沖縄の梅雨に関してはこちらをご覧ください

 

梅雨が明ける6月最終週からは真夏です!
この時期は比較的旅行費用も安く抑えられるので
オススメの時期でもあります。

平均気温 (高 / 低)   29° / 25°
UVインデックス       7.5(非常に強い)

7月

沖縄旅行のトップシーズンです!
夏本番。もちろん海水浴も水着で楽しめます。
台風が来なければ天気は安定しています。
紫外線や熱中症対策は忘れない様に(^^)
長時間の日焼けは厳禁ですよ!
せっかくの楽しい旅行が苦しいものになってしまいます。

平均気温 (高 / 低) 32° / 27°
UVインデックス   8.8(非常に強い)

8月

平均水温は30℃までになります。
灼熱ですので、ビーチの砂も暑くなりますから、
サンダルは忘れない様にしましょう。

平均気温 (高 / 低) 31° / 26°
UVインデックス   8.4(非常に強い)

 

9月

9月でもまだまだ水温が高く海水浴のシーズンです。
8月同様の注意が必要です。
沖縄の9月と言えば台風が多いイメージがあります。
雨が続いてしまうこともありますので、それ以外の
グルメ観光などもしっかり計画しましょうね!

平均気温 高 / 低(°C) 30° / 25°
UVインデックス   7.1(強い)

10月

まだまだ泳げますよ!平均水温26℃です。
日差しも和らいでくる頃ですので、気持ち良く
過ごせるのではないでしょうか?
私の一番のオススメの時期です。

観光客も少なく、海にも入れて旅行代金も
安くなっている時期です。

沖縄の一人旅はのんびりしたいですよね。
大人旅には最適ですよ。

平均気温 (高 / 低) 28° / 23°
UVインデックス   5.7(中程度)

11月

水温が下がり、沖縄のほとんどのビーチでは
遊泳期間が終わります。
のんびり散策するなど、砂浜で遊ぶには
気持ちの良い季節です。

海ではないですが、滝壺で遊ぶアクティビティも
ありますが、寒かったです。。。

平均気温 (高 / 低)   25° / 20°
UVインデックス        4.0(中程度)

 

海のアクティビティのオススメシーズンとしては

 

6月〜10月になります!

 

スポンサーリンク

 

紫外線対策と持ち物や服装

女性は特に紫外線を機にするのではないでしょうか?
日焼けの対策などする様にしましょう。

沖縄に限ったことではありませんが、夏の海水浴に用意したい
持ち物をまとめてみました。

紫外線対策には・・・

帽子日傘サングラスストール

日焼け止め

以上は用意しておきましょう。

 

沖縄で海水浴をするにはホテルの専用ビーチであれば
すぐに部屋に戻ることができるので荷物は最低限でも
良いでしょう。

しかし、滞在先から離れたところに行く際は
念のために色々用意しておく事をオススメします。

 

沖縄の海水浴に持っていくもの

水着

ラッシュガード

ビーチスニーカーorビーチサンダル

タオル・バスタオル

着替え用のTシャツなど

パーカーなど羽織るもの

ビニールシートorレジャーシート

小さいゴミ袋

スマホ用防水ケース(小銭が入れられると良い)

ジップロックなど小物の防水用

トートバッグなど

 

遊泳禁止の期間や禁止場所

沖縄の海に入れる時期はいつまで?気になる気温や紫外線情報も紹介

遊泳が許可されている場所は潮の流れや危険生物の少ない場所を

考慮されています。

 

禁止されている期間や禁止場所には絶対に入らない様にしましょう。

事故が起こっても自己責任となります。

 

また、日頃は遊泳ができても潮の流れによって

禁止になる事もありますし、体験ダイビングやシュノーケリング

をする際は中止になる事もあります。

 

とにかく無理をしない様にしましょう。

 

離島などに行くと茂みを抜けると青い海が突然現れる

浜などがあり、シュノーケリングの穴場になっていたりします。

 

とても特別な感じがして、まるで自分だけのための沖縄の海

という感じが味わえます。

 

その分、危険もありますので海に入る際はなるべく複数で

行く様にしたいものです。

 

クラゲ対策もしっかりしましょう!

6月〜9月はハブクラゲの活動が盛んなので
対策をしっかりしましょう。

沖縄では「ハブクラゲ」という猛毒のクラゲがいます。

沖縄にはホテルの専用ビーチの様に管理されたビーチもあれば

ほぼ手付かずの浜の様なところもあります。

やはり管理されていないところではクラゲに遭遇するリスクは

高まると思います。

管理されているところではクラゲ侵入防止ネットがあるビーチが

ありますので、侵入防止ネットの中で泳ぐ様にしましょう。

念のために出来るだけ肌の露出も抑えた方が良いですね。

そして、防止ネットには近づかない様にしてください。

また、インストラクターが同行するマリンアクティビティー

では注意事項をよく守り安全に楽しんでくださいね。

 

参考:沖縄のクラゲの発生時期は?回避方法と刺された時の対処方法

 

最後に

沖縄ではかなりの長い期間海で遊ぶ事ができますね!

もちろん海の中だけではなく、青い海を眺める事も

素晴らしい体験になります。

 

私は海に入るより眺めている方が好きです。

 

沖縄は若干、気候が他と異なりますので

安全対策をしっかりとして、沖縄旅行を満喫してくださいね。

 

今回の記事が沖縄旅行計画の参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です