お局のいじめの対処方はこれだ!お局様の特徴と心理を知って仕返しせずに解決する方法

 

会社でお局様に目をつけられて、嫌がらせやいじめを受けて辛い思いをしていませんか?

特にお局様の悪口を言った訳でも粗相をした訳でもなく、原因がわからず嫌がらせを受けていると思っている人も多いようです。

お局様のいじめは、その複雑な心理から来ているものです。

だから、自分では想像できない事がきっかけで嫌がらせを受けてしまっているということもあります。

その心理さえ分かれば仕返しなどせずに平和に解決する事も出来るんです。

今回はお局様の心理を解き明かし、穏便に解決する方法についてまとめました。

この記事でご紹介するのは嫌がらせをする嫌なタイプのお局様について紹介しています。
同時にいわゆる「めんどくさい上司」にも当てはまる内容です。

面倒な上司の対処法としても参考にしてみてください。

お局とは?

お局とは職場を仕切る、古参の女性職員を指します。

お局という言葉自体の歴史は古く、江戸時代に存在していた大奥で使われていた言葉です。

局(個室)を与えられるほど地位が高い女中という意味で、女中たちを束ねる立場にありました。

現代のように嫌な意味を持つようになったのは、1989年に放送されたNHKのドラマ「春日局」の影響と言われています。

正式な意味から考えるとお局=嫌な人というわけではありませんが、現代では会社で煙たがれる地位の高い上司に使われる言葉となっていますよね。

その辺りを踏まえて記事をご覧ください。

お局様の特徴を紹介!

お局あるあるを紹介します。

勤続年数が長い

勤続年数が他の女性社員よりも長いことがお局の第一の特徴。
勤続年数が長ければ、当然社内の人脈も広く、仕事について他の女性社員よりも
知っていることが多くなります。

そのことをまるで自分に実力があるかのように見せつけ、
女性社員に圧力をかけるのがお局様の特徴です。

上司にため口

お局様は自分の権力を誇示したがる傾向にあります。
自分がいかに社内で主要な人物として扱われているかを周りに認知して欲しいのです。

上司との距離がやたらと近いというのも特徴。
たとえ役職が上でも、自分より社歴が浅い人には平気でタメ口だったり、
あだ名で呼びかけたりします。

これは、上司に対しても「タメ口」で話せるほどの人物である
という事のアピールであることが多いです。

自分は仕事ができる(と、思っている)

長く働いてれば誰だってわかるようなことを武器にして、
後輩を攻撃するのがお局様の得意技。

そんなに難しい仕事をしているわけでなくとも、
『まぁ知らなくても当然よね、あなたと私ではキャリアが違うから…』などと
キャリアウーマン的な立ち位置でものを言うことが多いです。

よく言えば会社や仕事への愛が強いのでしょうが、
入りたての社員からすると大げさにしか聞こえてこないことも…。

取引先にも馴れ馴れしい

勤続年数が長いので、取引先の人もみんな古くからの知り合い。
相手もビジネスでのお付き合いなので嫌そうな態度をとることもできず、
されるがままになってしまうようです。

ちょっと極端な部分もありますが、こういうタイプの方が多いのは事実です。

これはお局だけに限らず、尊敬できない上司によくあるタイプでもあります。

お局がいじめや嫌がらせをする心理は?

では、お局様の心理を解き明かして行きましょう。

自分の時より可愛がられているから

お局は自分の地位を築くのに、大変な苦労をしたと自負があります。
男性職員とも対等に渡り合い、時に女性だからと冷遇された過去もあるでしょう。
しかし、男性職員から優しくされていたりうまくやっているあなたの姿を見て、「なんであの子だけ」と嫉妬してしまう気持ちがあるのです。

自分より仕事が出来ると思われている

お局はテキパキ仕事をこなすあなたに脅威を感じています。
あなたの足を引っ張ってやろうという思いから、いじめや嫌がらせに発展しまうのです。
また、自分の地位を取られるのではないかと不安でたまらないと言う気持ちがあります。

若さへの嫉妬

女性の価値は若さや美しさをによるものと考え、あなたの若さや美しさに嫉妬している可能性があります。
少しずつ改善されてはいるのですが、まだまだ女性は外見で判断される事も多い世の中です。
いじめや嫌がらせをしている姿は、どんなに美しく着飾っても醜く映るものです。
それに早く気が付いてほしいですよね。

ストレス発散の標的にされている

あなたが何も言えない事を良いことにに、いじめや嫌がらせをしてストレス発散をしている節があります。
このタイプは段々とエスカレートしてきますので、早めの解決が大事になってきます。

 

お局様と呼ばれやすくなる頃になると、社会的にも自立することができる時期でもあり、
会社などでは中間管理職のような立場を任されたりもします。

部下を持つことで、ある程度自分の融通が利くようになったり、
仕事を振ったりすることができるようになることから自分の嫌なことから
逃れるすべも手に入れてしまうのです。

プライベートでは、友人が結婚を迎えたり、
子供が産まれたりと家庭に入る女性も増えてくる年代で、
そういった願望がある人にとってはうらやましくもあり、
さみしくなる時期でもあります。

この世代の女性は、上司と部下との板挟みや、
プライベートが充実していないと感じることへのストレスなどが重なり、
徐々にお局様へと変化していってしまうのでしょう。

そんなお局様でも、新入生の頃だってありました。
強烈な存在感のお局様にも、初々しくドキドキしながら
仕事をしていた時期はもちろんあるのです。

ひょっとすると先代のお局様の被害にあったことがあるかもしれません。
過去の自分の辛い経験を、そのまま受け継いでしまっている場合もあります。

ストレスがそうさせている場合もありますし、
お局様の上司にも問題がある可能性があります。

会社という組織の中で、お局様のようなタイプの人というのは、
職場の雰囲気を悪くしたり、業務に支障をきたす存在ですよね。

そういった環境を把握していなかったり、
改善しようとしていないというのは良くありません。

お局様が生まれる一つの原因として、
会社自体やお局様の上司たちの怠慢もあります。

スポンサーリンク

お局のいじめにあった時の対処法

お局に標的にされていじめや嫌がらせを受けた時、どのように対処すべきかを紹介します。

お局の振る舞いに向き合わない

自分自身でできるお局様との付き合い方は相手に対してへりくだることです。
そうする事で、お局様を優越感に浸らせることが出来ます。

『こんな事も知らないの?』に対して、

『はい…お忙しいのに申し訳ないのですが、教えていただけますか?』

と答えるだけで大丈夫です。

なんせお局様は、自分を出来る女だと思うことが大好きなので、
部下に『忙しい』と思われていることと、
『教えて下さい』と頼られた事で嬉しくなっているものです。

ポイント

お局様とは頭にきても、真っ向勝負しないこと!
こちらが、感情的になって立ち向かってしまうと相手の思うツボです。 相手は自分の地位をわかったうえでの日頃の行動です。

相手にしないで、へりくだってかわすことが最良です。

悪口を言ってくるときは無視するのも効果的。


完全に無視するのではなく『そうなんですね』と言った感じで
受け流すように聞いていると、話を終わらせることが出来るはずです。

お局さんが他人の悪口を言っている場合、下手に同調してしまうと、
あなたも仲間だと思われてしまう可能性もありますし、
あなたへ直接イヤミや悪口を言ってきている場合、
へりくだるより適当に相槌を打って受け流す方がストレスにならないと思います。

対処の方法として、お局様に手応えを感じさせないことです。
あなたが感情的になったり、同調したりするとお局様にとっては
次の手が生まれてきます。

  • 感情的にさせれば、さらに戦えて優位に立てる
  • 悪口に同調した事を、大げさに人に言いふらしたら、あなたが不利になる。

お局様は頭でそこまで分かっています。

それよりも、仕掛けても乗ってこない、振っても欲しい回答が来ないと思わせれば、
あなたに関わるだけ時間の無駄となるわけです。

お局様は自分が満たされれば良いわけですので、
それが叶わなければ他にターゲットを見つけていきます。

それでもお局の振る舞いに悩む場合は

自分でできる対処法でも改善しない場合は下記に紹介する方法を試みてみましょう!

記録を取る

まず大事なのが、いつ・どこで・誰に・どのような事されたのか・周りにいた人は誰かを記録する事です。
上司や社長に相談する時に、記録がないと「気のせいでは?」と流されてしまう可能性があるからです。
もし言葉でのいじめや嫌がらせがあるのならば、ICレコーダーで録音するのも忘れないようにしましょう。

周りの協力を得る

同僚や先輩の目の前で嫌がらせやいじめが起こった場合、これはチャンスです。
すかさず同僚や先輩を捕まえ、証人になってほしいと根回ししておきます。
おそらく同僚や先輩も、そのお局に困っているはずです。
協力をお願いしているのも良いでしょう。

上司や社長に報告

記録と証人が揃ったら、いよいよ報告です。
ここで気をつけたいのが、記録に基づく具体的な報告をする事です。

「○○さんは私に八つ当たりをしてきて困っています」ではなく、「○月×日に、私にこんな事を言ってきました」と言う感じですね。

記録やICレコーダー、証人などの証拠をしっかりと見せ、こちらの勘違いではない事を証明します。
社長や上司を味方につけたら、ガッツリ注意してもらいましょう。
あなたの名前を一切出さないという約束を取り付けるのを忘れないようにしてくださいね。

お局の特徴は?非お局との違いを紹介!意外と気づいていないあなたのお局度をチェック

まとめ

お局や嫌な先輩社員は主に若い女性職員に対し、嫌がらせやいじめを仕掛けてくる場合があります。

特に、仕事が出来たり可愛がられている職員はターゲットになりやすく、お局自身のストレス発散としてターゲットにされてしまう事もあるのです。

もし嫌がらせやいじめを受けているのであれば、記録と証人を揃え、上の者に報告して対処してもらいましょう。

私もお局にターゲットにされ、いじめられた経験があります。

その時はお局が仕事を辞めていなくなったので事なきを得たのですが、一緒に仕事をしていた3年間は、いつ怒られるのかビクビクしながら仕事をしていました。

もし、お局のいじめや嫌がらせで悩んでいる方は、今回の方法で是非対処してみてください。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です