【低金額葬儀】 お金はないけど葬儀をやりたい お葬式は必ずやらなければならない?

遺族から見た葬儀のあれこれ お葬式は必ずやらなければならない? 葬儀

現代では故人の見送り方も多様になって来ています。

昔の様に大々的にお葬式を行うことも少なくなって来ており、家族葬の様に家族と親戚のみの少人数でゆっくり故人を見送る形が増えています。

故人のお見送りはご家族に合った方法で行うのが良いのではないかと思います。

亡くなられてから行われるお葬式。

これは必ずやらなければならないものなのでしょうか?

 

お葬式はやらなければならない?

人が亡くなった後は一般的にお葬式を執り行う事が多いですが、これは法律的にやらなければならないものではありません。

火葬とその後の供養を行えば問題は無いようです。

葬送のスタイルは一般的な通夜と告別式の二日に渡って行われるものだけを指すものではなく
お別れの会を含め色々な方法があります。

死後、お葬式を行わずにすぐに火葬することも「直葬」と言うお見送りの形です。

現代ではこの形を取る方も非常に多く、葬儀社の広告にも直葬プランとして大々的に宣伝されています。

 

お見送りの種類

故人のお見送りの方法はどの様な形があるのでしょうか?

・一般葬(通夜・告別式)※親族以外の参列もあり

・家族葬

・一日葬

・社葬・故人を偲ぶ会など

・直葬

代表的なもので言うと上記になります。

これらの儀式の後に火葬されると言う流れになります。

一般葬

みなさんがよく知っている一般の葬儀です。費用的にも様々な種類があります。

 

家族葬

最近よく耳にする家族葬ですが、これは一般葬や一日葬と別の種類ということではなく、葬儀を家族、もしくはごく近い親戚のみで行い参列者の少ない葬儀になります。会社関係などの参列は遠慮頂く場合が多いです。

 

一日葬

告別式だけでお見送りするタイプです。一日だけしか葬儀場を利用しないのでその分料金が安く済む様に思いますが、葬儀場によっては2日間のグロス料金で設定されているところもあるので、一日だけでも費用が2日分と同じになる場合もありますので確認が必要です。

 

社葬・故人を偲ぶ会など

大企業や著名人などが亡くなったときに会社や団体が執り行う葬儀、またはお別れ会。関係者、生前親交の深かった方など大勢の参列者が並ぶ。
※お別れ会の場合はすでに火葬を済ませ骨葬となるケースが多い。

 

直葬

葬儀を行わず、火葬場ですぐに火葬します。
葬儀を執り行わないので費用は大きく下がります。

 

また、お別れの形としては宗教別に仏式、神道、キリスト教などもあります。
それぞれに形式、マナー、使用する言葉など様々です。
仏式以外でご検討の方は葬儀社に相談してみてください。

スポンサーリンク

 

お寺での葬儀

遺族から見た葬儀のあれこれ お葬式は必ずやらなければならない? 葬儀 お寺

仏式ではお寺で葬儀をしてもらう事も出来ます。
お寺で葬儀をして頂くのであれば、祭壇が必要ありません。
一般の葬儀場で葬儀をした場合は祭壇の設営やその他装飾などに費用が掛かりますが、お寺の場合はそれらが不要になる上に、考え方としては最上級の祭壇の前でお経をあげてもらえることになります。

しかしながら、お寺で葬儀をするにはお付き合いがなければできないケースもあるでしょうし、料金も対価としてではなくお布施と言う形で納めますので、お寺によって変わってきます。この事も葬儀社に相談してみれば、もしかしたら費用を抑えた葬儀が出来るかもしれません。

 

教会での葬儀

キリスト教の場合も同様に葬儀場ではなく、教会でお別れを行う事も可能です。
キリスト教の洗礼を受けていない方でもキリスト教のお別れを行うことが可能だそうです。
考えていらっしゃる方は葬儀社に相談してみると良いでしょう。

 

自宅での葬儀

葬儀を行う場所として長年生活をして来たご自宅で葬儀を行うこともできます。
都心部では住宅事情の関係から会館を利用する方が多いですが、十分な広さのあるご自宅であればご自宅でお別れをすることは可能ですし、その分、施設利用料もかかりません。

 

密葬とは

密葬とは家族葬とは大きく違い、社葬や個人を偲ぶ会、お別れ会などを行う前に事前に親族や親戚のみで行う葬儀の事を指し、密葬の際に火葬も行われます。
その後に行われる社葬を始めとするお別れ会の際は骨葬と言いお骨の状態で行われます。

 

葬儀社に依頼しない場合にすべき事は?

葬儀社に依頼しなくても火葬、供養は行えます。
葬儀社を手配しないでお見送りをすると以下の事をご自身で手配しなければなりません。

・ご遺体の搬送

・棺の準備、移動

・火葬場の予約

・火葬場までの搬送

・お寺さんの手配 ※お付き合いがない場合

など細かい事を言ったらまだあるかと思います。
これだけでもご自身で用意するのは時間を要しますので、ご遺体の扱いも含めプロにお任せすることも検討してみても良いかもしれません。

参考:火葬だけで済ませたい場合の手順

お見送りのスタイルは別として、ご遺族は他にやらなければならない事が沢山ありますので、葬儀社への依頼をした方がスムーズに進むことは間違いありません。

最低限のお見送りをするために葬儀社では「直葬プラン」を用意しています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です