usjマリオカートに身長制限や年齢制限は?アトラクションは怖い?

スポンサーリンク

2021年からオープンしたマリオエリアにあるマリオカートは、USJ内でも上位の人気アトラクションです。

マリオは比較的低年齢のお子さんにも人気があるので、マリオカートに乗りたいと思うお子さんは多いはずです。

アトラクションでは必ず身長制限や年令制限などがありますよね。

あまり過激なものだと、お子さんが怖がってしまう可能性もあります。

 

この記事でわかること

  • usjのマリオカートの身長制限
  • usjのマリオカートの年齢制限
  • ユニバのマリオカートは怖いのか?
  • 家族連れが効率的に楽しむ方法

 

この記事では実際に子供と一緒に体験してきた様子を紹介していきます!

マリオが大好きなお子さんがおられる方はぜひチェックしてみてください。

 

usjのマリオカートの身長制限は何センチから?

 

  • 身長107cm以上
  • 身長122cm以下は付き添いが必要

 

子供だけでアトラクションを楽しむ場合は122cm以上ないといけないということですね。

 

年齢の目安ですが、5歳の娘は110cmほどで私と一緒に乗ることは可能でしたが、3歳の息子は98cmのため、乗ることはできませんでした。

 

お子さんの体格にもよりますが、大体5歳前後くらいのお子さんから乗ることができるイメージですね。

身長が122cmになるのは、7歳頃です。

マリオカートは5歳頃から保護者同伴で乗ることができ、7歳頃からは一人で乗ることも可能と覚えておきましょう。

スポンサーリンク

usjのマリオカートに年齢制限はある?

 

USJのマリオカートには年齢制限はありません

 

先程お伝えした身長がクリアできていれば何歳でも乗ることができます。

少し背が高いお子さんならば、4歳でも乗ることができるかもしれませんね。

 

ユニバのマリオカートは怖い?

 

子供に大人気のマリオカートですが、このアトラクションは怖いのかとよく聞かれます。

 

5歳の娘も特に恐怖感はなかったようですし、大人の私が乗ってみて私は怖いとは感じませんでした。

 

ただ、専用の帽子とゴーグルを装着しないといけないので少し重みがあり、違和感を感じるお子さんはいるかもしれません。

また、3D眼鏡を装着し、周囲を見回しながらアトラクションを攻略していかないといけないので少し難しいかもしれません。

それでも、マリオカートに乗ってレースを体験できるのは、子供にとってはとても貴重です。

ただ、レースの疾走感というか、実際にカートを運転している感覚はあまり感じ取れないかなというのは正直な感想です。

 

その他、マリオカートを乗った人たちの口コミを紹介しますね。

 

 

 

スポンサーリンク

家族連れで効率的に楽しむ方法を紹介!

 

家族みんなマリオカートに乗りたい、でも乗れない子供もいるので全員は乗れないから私は我慢しなくちゃ。

そう思っている親御さんはいませんか?

そんな時にぜひ使ってほしいのが「チャイルドスイッチ」という機能です。

本来、お子さんと一緒に待っている人は、再度並びなおさないとアトラクションに乗ることはできませんでしたが、チャイルドスイッチを利用すれば、一度並んだだけで家族みんながのることができるように配慮してくれます。

 

チャイルドスイッチの利用方法

 

  1. 乗りたいアトラクションの入り口にいるクルーにチャイルドスイッチを利用したいことを伝える
  2. 最初に乗る人、交代して乗る人の人数を伝えるとそれらを記載した紙がもらえる
  3. そのままアトラクション内に進み、通常通り列に並ぶ
  4. 乗り物を乗る直前で、最初に乗る人のみアトラクションに乗り、後からのる人と子供は控室に通される
  5. 先に乗った人が帰ってくると、後からのる人と交代し、アトラクションに乗る
  6. 後からのった人が帰ってくると、みんなで出口に向かう

 

こうすることで一回並んだだけで、乗り物に乗りたい人が全員乗ることができるようになり、効率よくみんなが乗り物を楽しむことができます。

USJのアトラクションはほとんどこうしたシステムを採用しているので、積極的に使って行きましょう。

 

usjマリオカートに身長制限や年齢制限のまとめ

 

USJのマリオカートは最低107cm以上という身長制限があります。

年齢の制限はありませんが、目安としては5歳くらいのお子さんから乗ることが可能です。

ライド型のアトラクションでハンドルもついていますが、自走するタイプではないので疾走感はあまりありません。

そのため怖さは感じにくいですが、専用の帽子や眼鏡を装着するので違和感があったり重みでプレイに集中できないお子さんもいるかもしれません。

とはいえ、あこがれのマリオカートの世界を体験できる貴重な機会なので、チャイルドスイッチもうまく使ってぜひ皆さんで体験してみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です