サーキュレーターは扇風機の代わりになる?おすすめの使い方を公開

サーキュレータは扇風機の代わりになる?おすすめの使い方を公開

サーキュレーターという扇風機によく似た家電製品がありますが、これって一体どんなものなんでしょうか?

私は正直、扇風機が進化した家電だと思っていました。

違ったのです。  

では、サーキュレーターてなんなのよ?

ということになるわけですが。

今回はサーキュレーターは扇風機の代わりとして役に立つものなのか?

実は全く異なる機能を備えているのか?

その辺を解説させていただきます。

スポンサーリンク

サーキュレーターとは?

サーキュレーターって扇風機にその形が似ていることから、同じ用途の家電だと思われがちですね。

それは違うってことだったんですが、でも形を見ればかなり似たものであることは間違いなさそうですよね。

なので、サーキュレーターとはを語るのに扇風機さんと比較してみたいと思います。

サーキュレーターの特徴

サーキュレーターの目的は部屋の空気を循環させるためのものです。

サーキュレーターの風は遠くまで届き、直進する力が強いのが特徴です。

この特徴だけ言っても、ちょっと分からないですよね。

サーキュレーターはエアコンなどの冷暖房を効率よく効かせるために存在するのです。

それにより電気代を安くしたりするメリットがあるのです。

扇風機の特徴

一方、扇風機は直接、人に風を当てて涼しくするものです。

羽の前で口を開けて「あ〜〜〜〜」ってやるものです。

扇風機は心地よい風量で広範囲にまで風を送ることができますが、その力はサーキュレーターよりは弱いです。

サーキュレータは扇風機の代わりになる?おすすめの使い方を公開

それぞれの特徴を見た所、最初から用途が異なるという事なんですね。

サーキュレーターが扇風機の進化版なんていうのは大きな間違いだったわけです。

扇風機は夏の家電ですが、サーキュレーターは一年中使うことのできる家電なのです。

スポンサーリンク

サーキュレーターは扇風機の代わりとして使うことができる?

それぞれの用途が違うということなのですが、風を送っている部分は同じ。

ならば、サーキュレーターは扇風機としても利用できるのではないか?

そう考えますよね。

サーキュレーターは扇風機の代わりになるか?また、その逆はどうなのか?

こちらについてもお話してみたいと思います。

サーキュレーターは扇風機の代わりになるか?

結論からいいますと

サーキュレーターは扇風機の代わりにはなりません!

基本的にはです。。

サーキュレーターの風は直進力が強いため、人に当てた時は不快に感じてしまうことがあります。

扇風機は風の範囲が広いため心地よく感じるのですが、サーキュレーターの場合は風の範囲が狭いため心地良さはありません。

風が強い分、良いのではお思いがちですが、涼しさも扇風機ほど感じることができないのです。

また、サーキュレーターは強力な風を出すために、扇風機に比べると音がうるさいのも特徴です。

扇風機はサーキュレーターの代わりになる?

逆に扇風機はサーキュレーターのように部屋の空気を循環させる事は出来るのでしょうか?

答えはできる!です。

しかし、サーキュレーターよりは効果が落ちます。

扇風機は遠くまで風を届かせることができないので、部屋全体の空気を循環させることに関してはサーキュレーターより弱いです。

風が広範囲に広がることもあり、うまく空気を循環させられないのですね。

出来るというのは、そこそこ狭い空間であれば効果は少しあるかなといったところです。

サーキュレータは扇風機の代わりになる?おすすめの使い方を公開

お互いに代用で考えた場合、同じく風を出すという機能から全く代用できないとは言い切れませんが、それぞれの用途にあった使い方をした方が良いのは間違い無いようです。

スポンサーリンク

消費電力や電気代に差はあるの?

 

効率よく使うには電気代や消費電力の違いも気になるところですよね。

サーキュレーターと扇風機の消費電力に大きな違いはありません。

 

扇風機の消費電力はだいたい40Wくらい

サーキュレーターの消費電力はだいたい30Wくらい

※機種により異なります。

 

電気代にすると。。。

 

扇風機を1時間使った場合は1.2円

サーキュレーターを1時間使った場合は0.9円

※機種により異なります。

これくらいの差であれば、効果を低下させてまで、代用して使うメリットはありませんよね。

エアコンの効果を高めるために購入を検討されている方は扇風機と兼用と考えるよりはサーキュレーターを購入した方が電気代も少しではありますが、安く抑えられそうですね。


サーキュレーターのおすすめの使い方を紹介

サーキュレーターと扇風機は元々の目的が違うものだったのですね。

サーキュレーターのおすすめの使い方をご紹介します。

実はサーキュレーターは梅雨の時期の部屋干しにもとても役に立つのです。

サーキュレーターは空気を循環させることで室内のの温度を均一にするため冷暖房効率をアップさせることができますよね。

そうなれば部屋の中に洗濯物を干しておいても乾きやすくなるということです。

また、早く洗濯物を乾かしたいときはサーキュレーターの角度を替えて洗濯物に直接、風を当てれば早めに乾きます。

洗濯物は比較的部屋の上の方に吊るしたり、掛けたりすることが多いと思いますので、首振り機能などを活用して効率的に洗濯物を乾かすことが出来ます。

まとめ

サーキュレーターは目的に合わせて使うことが、効果はもちろん電力や電気代を効率的に使う事につながるようですね。

サーキュレーターのおすすめの使い方としては本来の目的通りに空気の循環させる!

この使い方に尽きると思います。


参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です