洗濯ネットの効果は?上手な使い方と効率の良い洗い方をご紹介

洗濯ネットの効果は?上手な使い方と効率の良い洗い方をご紹介

洗濯ネットの効果は?上手な使い方と効率の良い洗い方をご紹介 飴まるです。   ・先日、洗濯機の周りを整理しているときに洗濯ネットが出てきたんですね。   そういえば、買ったはいいけど使わなくなってると。。。   そのとき、洗濯ネットって意味あるのかな?と疑問に思いまして、改めて調べまして、それからまた、使うことにしたんです。   今回は洗濯ネットを使う意味やその効果をご紹介してみたいと思います。  

スポンサーリンク

 

 

洗濯ネットてどんな効果があるの?

洗濯ネットね。   申し訳ないんですが、洗濯で使うより小物入れてました。。   今は正しい使い方をしております。   洗濯ネットて意味あるのかなって、思ったりしますよね?   意味はありました。ざっくりいうと、衣類を守りながら洗濯するので、お洋服や下着など長持ちします!   洗濯ネットのメリットをまとめました。  

洗濯ネットのメリット
・衣類が絡まないようにする   ・汚れから衣類を守り、傷つくのを防ぐ   ・生地が伸びないようにする   ・型崩れを防ぐ   ・毛玉がつかないようにする   ・色落ちや色移りを防ぐ   ・ホコリや糸くずがつきにくい

結構、メリット多いじゃないですか! 先ほど書いた通り、衣類を長持ちさせることができるわけですね。   それぞれのメリットを詳しくみていきましょう。  

衣類が絡まないようにする

洋服屋下着など種類ごとに分けて洗濯機回すって、非効率的じゃないですか。細かいこと言えば水道代も電気代もかかるわけですしね。   だから一緒に洗いたいのですが、例えば女性の下着なんかはホックがついていたりして他のものと絡む!   ストッキングなんかもそうさ!洗濯物欲しいといて〜なんて言われて洗濯機開けたら、ストッキンが全ての洗濯物を蛇のごとく巻きついちゃって。   それ、見ただけで家事放棄です。   なので洗濯ネットで分けておくと効率的にそんなことも起こらずにお洗濯ができるわけですよね。   このために洗濯ネットを使うっていう人が多いのではないでしょうか。  

汚れから衣類を守り、傷つくのを防ぐ

お子さんの洗濯物なんかは変なもん入ってたり、砂がポロポロ出てきたりするじゃないですか?   そんなのも洗濯ネットがあれば他の衣類を傷つけなくてすみますよね。   他の衣類の繊維がくっつくことも防ぐことができます。  

スポンサーリンク

 

生地が伸びないようにする

洗濯ネットに入れないとびろーんて伸びますよね。   他の衣類と絡まったりすると引っ張られて伸びてしまたりして、着たときにヨレヨレだったりって事ありませんか?   ネットに入れる事で衣類の伸びも防げるんですね。  

型崩れを防ぐ

型崩れすると言えば、ワイシャツなんかがそうですね。   洗濯ネットに入れないと絡またりもします。ワイシャツを洗うときは裏返しにして、畳んで入れるといいんです。   その際は汚れがつきやすい襟や袖の部分は重ねないようにしましょう。  

毛玉がつかないようにする

毛玉ついちゃったら、あとが大変なのでしっかり洗濯ネットを使うようにしましょう。   特にセーターなどのウール系はは毛玉つきやすいですから、注意してくださいね。  

色落ちや色移りを防ぐ

洗濯ネットの効果は?上手な使い方と効率の良い洗い方をご紹介 白いものと一緒に洗うときには特に注意が必要ですね。せっかくの気持ちの良い白い服がなんとも言えぬ色になってしまいます。   色移りを防ぐためにも洗濯ネットは役に立ちます。  

ホコリや糸くずがつきにくい

これも厄介ですよね。せっかく洗ったのに糸くずや埃がついていてはあらったうちに入らないですもんね。   特に黒い衣類は目立ちますので、それを避けるためにも洗濯ネットを使えば、また洗わなきゃ!なんてことは防げます。  

洗濯ネットのデメリット

洗濯ネットの効果は?上手な使い方と効率の良い洗い方をご紹介 一方で洗濯ネットはデメリットもあるんですよ。   デメリットをまとめてみます。  

スポンサーリンク
洗濯ネットのデメリット・汚れが落ちにくい   ・汚れの落ちが悪くなる   ・衣類一つに対して洗濯ネット1枚が基本   ・洗い残しや濯ぎ残しの可能性も

  なんとなくお察しできますよね。   最大のメリットが汚れが落ちにくいってことですね。   ダメじゃん!洗濯ネットダメじゃん!   そんなデメリットもあるわけなので、面倒ですけど、目立つ汚れは手洗いなどであらかじめ落としておいたほうが良いです。   また、洗濯ネットにはたくさんの衣類を詰めても全く意味がありません。   基本は1枚につき一つの衣類です。   物によってはいくつか入れても良いでしょうが、ネットの中で絡まったり、ホコリがついたりしては意味がないので、その辺は考えて入れていきましょう。   洗い残しやすすぎ残しに関してもネットの中だと衣類も広い空間でゆったりと形を変えながら回転できないので、丸まってしまった部分などは洗い残しの可能性も出てきてしまいます。   そレを防ぐためにもネットに衣類を詰め込みすぎないようにしましょう。   ポイントとしては洗濯ネットはデリケートな衣類だけに使うようにするということです。   上手な使い分けによって洗濯ネットのメリットを最大限に感じましょう。  

スポンサーリンク

 

洗濯ネットを使ったほうが良いもの

目安として洗濯ネットを使ったほうが良いものをまとめます。  

洗濯ネットを使ったほうが良いもの・洗濯表示にネット使用と記載されているもの   ・ストッキング、タイツ   ・女性の下着類   ・マジックテープのついたもの   ・ボタンやホックがあり引っかかりやすいもの   ・色柄ものの衣類   ・セーター、ニット

 

洗濯ネットの種類

洗濯ネットには用途別にいくつかの種類がありますのでご紹介します。  

洗濯ネットの種類目が粗いネット・・・傷みや色移りを防ぎながら、衣類についた汚れを上手く外に出しながら洗うことが出来ます。   目が細かいネット・・・ブラジャーやストッキングなどのデリケートなものに向いています。傷みや型崩れを防ぎ、他の色柄ものや装飾品がついた衣類から守ってくれます。そして、毛羽の立ちやすいタオルや色移りを予防することもできます。   女性の下着用ネット・・・これはそのままで、ブラジャーのホックなどの引っかかりを防ぐために使います。   サイズの大きいネット・・・布団やベッドパッドなど大型のものに向いています。

 

洗濯ネットの便利な使い方

洗濯ネットは洗濯物を干すときに日除けや目隠しにすることが出来ます。   また、洗濯カゴ代わりにのネットを用意しておき、脱いだらそのまま入れれば洗濯時の効率アップにもなります。   旅行の時は小分けして衣類を持って行ったり、使用済みの衣類を入れておけば、そのまま洗濯が可能です。小物入れとしても活用できます。  

おすすめの洗濯ネット紹介

角形洗濯ネット5枚セット

ランドリーバッグ付きで5枚入りの角形洗濯ネット。お小さなものから布団サイズまで洗える!色分けされていて旅行の時などの収納にも便利です。  

布団も洗えるふくらむ洗濯ネット

  最大内径70cmでたたむと約14cm幅のフォルム。持ち手付きなので、使わないときは引っ掛ける事もできてスッキリ収納。   ドラム式も利用OK. 布団なら1枚。バスタオルで12枚洗濯できます!  

ダイヤドーム型ブラジャーネット

  外側のクッションメッシュと内側の細かいメッシュが衣類を優しく守ります。ファスナーが大きく開いてブラジャーの出し入れがしやすいデザインで、ファスナーカバーがついているので、他の洗濯物の傷みをおさえ、洗濯中にファスナーが開くことを防ぎます。ランジェリーやストッキング等のデリケートな衣類を洗うのにも適しています。  

パンツのための洗濯ネット(1枚入)

パンツを巻いてネットにいれるので、型崩れ、生地の傷み、シワを抑えることができます。洗濯物どうしによる摩擦を防ぎ、生地やボタンなどの付属品の傷みや、縫い目の裂けをおさえます。   ファスナーカバー付きで、洗濯中にファスナーが開くことを防ぎます。  

セーターやトレーナーを大切に洗えるネット

マチ付きなのでかさばる衣類もらくらく入ってしっかり固定。広い開け口なので衣類が引っかかりにくく出し入れしやすい。掛けひも付きで衛生的に掛けて収納できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

洗濯ネットのメリットって意外と多いですよね。少し面倒なところもありますが、大切な洋服はいつまでも良い状態で着たいものですよね。

 

・洗濯ネットに詰め込みすぎない

 

・入れるものと入れないものをしっかり把握しておく

 

・汚れがひどいものはあらかじめ手洗いしておく

 

正しい使い方を理解して使えばとても良いアイテムですね!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です