勝手口ドアの寒さ対策を紹介!カーテンの付け方も解説します!

冬になると勝手口ドアの出入りで入ってくる冷たい空気の対策も必要になってきますよね。

寒さ対策もいくつかあります。

どれが一番有効かわからないものです、

この記事では勝手口の寒さ対策でおすすめの対策が見つかる記事になっています。

ぜひ、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

勝手口ドアの寒さ対策 おすすめの方法は?

勝手口の防寒対策にはいくつかの方法があります。

  • 隙間テープを貼る方法。
  • ドアの下側に厚めのマットを引いておく。
  • カーテンを取り付ける。
  • ガラスがある勝手口ドアには、遮熱フィルムを貼る。

などの方法があります。

隙間テープ 

ドア枠とドアの間の隙間にテープを貼るのですが、一年中貼っておけば夏の虫侵入予防の対策にもなりますし、隙間風をシャットアウトしてくれるのでおすすめです。

難点はゴミがたまりやすいところ。すこし掃除が大変ですね。

下記の動画はサッシ枠への隙間テープの取り付けの動画になりますが、参考になります。

厚めのマット 

厚めのマットを置くことで、ドアの下からの隙間風を抑え込みます。

可愛いマットなどを敷くとおしゃれになりますが、あまり高い効果は期待できないです。

断熱シート

窓ガラスがある場合断熱シートを貼る。

ガラス一面に断熱シートを貼るのって正直難しいですよね。

空気がはいるとくしゃっとなるし、きれいに貼るのは手間がかかります。

効果はありそうでうですが、一人でやろうとするとかなり大変そうです。

カーテン 

勝手口の作り方にもよりますが、カーテンレールがなくてもつっかえ棒を使って取り付けることが出来ます。

また、ロールカーテンというおしゃれなカーテンもあります。

ハードル高そうでも意外と簡単に取り付けられますよ。

 

この中で取り付けのことを考えると隙間テープかカーテンです。

この2つで選ぶならば、あとの掃除のことを考えてカーテンが良いのではないでしょうか。

厚手のカーテンをつければ効果もカーテンのほうが高いですよ。

 

スポンサーリンク

 

勝手口のカーテンの付け方を紹介!

カーテンの取り付けには、カーテンレール、突っ張り棒の2種類と、ロールスクリーンがあります。

勝手口の造りによりますが、カーテンレールがつけられるもの、突っ張り棒が取り付けられるもの、それぞれありますね。

ご自宅の勝手口によって選んでいきましょう。

カーテンレールが取り付けられるタイプでしたら、レールを取り付けてカーテンを付けるだけで簡単にできますね。

カーテンレールを取り付けられない場合は突っ張り棒を利用しましょう。

突っ張り棒は100均で購入できますので安く揃えることが出来ます。
※お店によっては太めの突っ張り棒は100円ではない場合もあります。200円〜300円程度です。

そして、カーテンレールも突っ張り棒も難しいときはロールカーテンもお勧めですね。

まずは、勝手口の形状に合わせた取り付けタイプのカーテンを選んでください。

3角打のどれかは取り付けられるのではないでしょうか。

また、カーテンレールとロールカーテンは、DIYなど得意な方には問題ないですが、難しい場合は業者さんに取り付けを頼むか得意な方にお願いする方が良い場合もあります。

穴をあける作業がありますので、取り付ける前によく考えてから始めましょう。

突っ張り棒の取り付け方

ここでは誰でも簡単に取り付けられる突っ張り棒を説明しますね。

  1. 窓枠の内側の長さを図り、その長さにあった突っ張り棒を用意します。
  2. 突っ張り棒を枠に取り付ける前に、突っ張り棒にカーテンを通す。
  3. 枠に突っ張り棒を水平に取り付ける。

上記がスタンダードな取り付け方になりますが、カーテンを通して、突っ張り棒を付けるとカーテンの重さで、なかなか難しいと感じますので、「カーテンの取り付け用ピンチ」を使ったものをおすすめします。

カーテンを止めるために「カーテン取り付け用ピンチ」を取り付けてから、突っ張り棒の説明書にあるように、まっすぐになるように取り付けてください。取り付け作業は10分もかからないと思います。

 

 

 

勝手口の防寒に使えるカーテンは?

勝手口の防寒対策におすすめのカーテンをご紹介しますね!

 

寒さ対策 階段 あったかカーテン 幅100×丈260cm レギュラー 

突っ張り棒に簡単にかけられるCカンのついた薄手のレースタイプのカーテンです。

カーテンの取り付けで私が苦手に思うのが、取り付け時のカーテンの重さです。

このカーテンは、重さが270gととても軽いです。

取り付けの時にずっと手を挙げているので腕がだるくなりやすいのですが、素材が軽いレースタイプの生地でできていることと、Cカンがついているので、突っ張り棒にひっかけるだけで取り付けられるのは魅力です。

女性一人でも楽に取り付けられるのは良いですね!

レースのカーテンというと、あまり冷気を防がないようなイメージですが、レース模様の薄手の生地なので底冷えする冷たい空気を止めて、かつ光は通すので、昼間でも暗いイメージはなく明るいです。

ただ、商品の発送に時間がかかるのようなので、早めの購入をおすすめします。

また、突っ張り棒は別売りなので、カーテンを買うときは、カーテンのサイズももちろんですが、Cカンのサイズと突っ張り棒の太さや長さのサイズを確認してくださいね。

 

 

パタッとたためるカーテン

丸洗いできるアコーディオンカーテンタイプのカーテンなので、間仕切りにも適しています。

アコーディオンカーテンだと重くて開け閉めしにくいし、取り付けも大変。かといって普通のカーテンだと間仕切りには安っぽい感じがするし・・・と悩んだときはこれ!

その両方の良さを集めた折り畳み式カーテンです。カーテンの開閉が大変しやすく、いろいろな場所に設置できます。

勝手口など出入りをする場所にカーテンを取り付けるとちょっと見た目がというときに、まじきりにぴったりな重厚感があって、開閉も楽なのがおすすめポイントです。

汚れたときは、カーテンと同じように洗濯機で丸洗いできるので、いつも清潔に保てます。

また、カーテンのサイズは丈250センチと決まっていますので、長すぎたら裾をカットしやすいように設計されていので好みのサイズに合わせることができます。

もう少し長めがいいなというときは、突っ張り棒の取り付け位置を調整してくださいね。

購入されるときは、突っ張り棒は別売りですので、突っ張り棒の太さなどはカーテンの通し穴のサイズに合わせて購入してくださいね。

 

スリムロールスクリーン

小窓や勝手口などの間仕切りに向く、従来品の1/2のサイズの軽量タイプのロールスクリーンです。

従来のロールスクリーンの半分のサイズなため、取り付け部分が小さくなります。

また、重さも500gと軽量なので、小窓や勝手口、間仕切りなどに取り付けられす。

スクリーンの素材に、光触媒を使用していますので、防菌・防臭になっているので、洗濯機で洗うことができなくてもいつも清潔に保つことができます。

また、色もアイボリーで部屋の中が温かい色合いになりますので、家の中が明るい感じになって、冬の寒い時期にぴったりです。

女性一人でも取り付けられるほど軽量で簡単に取り付けられるのは嬉しいですね。

ロールスクリーンは重くて一人では取り付けにくい、汚れたらどうしよう。。。

おしゃれなのに敬遠していたのですが、これなら軽くて取り付けが簡単ですし、汚れが付着しにくいので良いなと思っています。

 

まとめ

勝手口の寒さ対策としてカーテンをおすすめしました。

勝手口の形状に応じて取り付けるものを決めてくださいね。

・カーテンレールは場合によって業者さんが必要ですが、どんなカーテンでも取り付けられます。

・突っ張り棒は自分で簡単に取り付けられますが重量に制限があります。

・ロールカーテンも場合によっては業者さんが必要でうが、見た目がすっきりした感じがあって良いです。

また、カーテンを選ぶときは、遮光カーテン、もしくは、ミラーレースがおすすめですよ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です