七夕の折り紙 幼児でも簡単にできるひしがたつなぎの折り方

7月7日は七夕の日。

織姫と彦星が1年に1日だけしか会うことの出来ないそんな特別な日の飾り、毎年どんなものにしていますか?

小さいお子さんでも簡単に楽しみながら作ることの出来る七夕の飾りをご紹介します。

幼児でもつくれるひし形つなぎの作り方をご紹介します!

 

 

1枚の折り紙を4等分にして貼っていくというとても簡単な飾りです。

ハサミを使うので小さなお子さんが作る場合はお母さんが切ってあげてください。

3歳以上のお子さんの場合はお母さんが見守りながら自分で切らせてあげるのもいいですよ。

スポンサーリンク

超簡単!ひしがたつなぎの作り方

 

 

〈必要な材料〉

折り紙(4枚)、ハサミ、ノリ

 

 

 

 

1、画像のように折り目をつけます

 

2、つけた折り目に沿ってハサミで4等分に切ります

 

いろんな色の折り紙で作りましょう!

スポンサーリンク

 

3、折り紙の角どうしをのりで貼り合わせる

ポイント!
どこを貼り合わせればいいのかわからなかった場合は下の画像のように印をつけておくとわかりやすくなります。

 

 

4、完成です

ひしがたつなぎの作り方のまとめ

いかがでしたか?

とても簡単なので小さいお子様でも楽しんで作って頂けるのではないでしょうか。

さらにグラデーションにして作ると綺麗な色になりますよ。

今回は4等分のものでしたが、画像のようにさらに4等分して作ると印象が違うものが出来ます。

4、5歳のお子さんは小さいサイズで作ってみるのもいいですね!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です