七夕の折り紙 幼児でも簡単にできる織姫と彦星の折り方

織姫と彦星と言えば七夕の主役ですよね。

七夕の折り紙には絶対に外せない織姫さんと彦星くんですね。

でも、織姫と彦星の折り紙はむずかしいくて、大きいお兄ちゃんやお姉ちゃんしか作れないのでは。。

と思われがちです。

今回は小さいお子様でも作れるいちばん簡単な織姫と彦星をご紹介します!

作り方は沢山あるのですが、今から紹介する作り方は1番簡単で小さいお子さんでも作ることが出来るものです。

スポンサーリンク

幼児でも簡単にできる織姫と彦星の折り方

それでは織姫と彦星の折り方を紹介します!

〈必要な材料〉

折り紙(3枚)、ハサミ、ノリ、赤と黒のペン

 

 

胴体を作ります

1、点線のように真ん中より下で折ります

 

2、裏返して画像のように点線で折ります

 

 

これで胴体の部分ができあがりです!

 

顔を作ります

 

3、折り紙を4等分にし、丸く切ります

ポイント!
切るのが難しそうでしたら裏面に丸の線を書いてあげるか、お母さんが切ってあげましょう。

 

4、黒のペンで髪の毛を書きます

 

5、目、口、眉、ほっぺなどを書きます

 

6、顔や衿などをのりで貼ります

 

7、完成です!

織姫と彦星の折り方のまとめ

小さいお子さんでも簡単に作ることの出来る織姫と彦星を紹介しました。

丸く切るところだけ手伝ってあげると良いですね。

2人の服は柄物の折り紙で作ってあげても可愛いですよ。

ぜひ七夕で一緒に作ってみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です