足立の花火2019 穴場鑑賞エリアは?屋台やアクセス情報についても紹介します!

足立の花火

東京の荒川土手。「足立の花火」の愛称で知られる花火大会が近隣の大規模な花火大会の先陣を切って打ち上げられます。
今回は足立の花火 2019年のアクセス、穴場スポット、屋台情報などを紹介したいと思います。
ぜひ、参考にしてみてください。
スポンサーリンク

足立の花火 会場内のおすすめ穴場スポットは?

会場図

*クリックで拡大できます。

◆北千住側

北千住側は足立の花火のメイン会場になります。混雑は激しいので、ゆっくり見たい人は西新井側や会場から離れた穴場スポットをおすすめします。立入区域もあるので、よく確認しましょう。

千住新橋グラウンド周辺(虹の広場など)

会場内の千代田線鉄橋寄りになり、打ち上げ地点からは少し離れますが十分に鑑賞はできます。

ただ、ナイアガラなどの低い位置の花火は千住新橋で見えづらくなります。

こちらは夕方位でも場所の確保は出来るでしょう。

虹の広場周辺は車いす専用の観覧エリアと多目的トイレもありますので、車いす利用の方と行かれる場合はおすすめの場所になります。

混雑度 : 会場内では比較的空いている

 

西新井橋南側(北千住側)

花火から近いので迫力ある花火を観れる場所です。千住新橋側(荒川河川敷運動公園運動場野球場)よりも人は少ないです!

風向きにより立ち入り禁止となる事があります。当日の午前中決定。

混雑度:千住新橋側と比べると空いている

 

◆西新井側

東京スカイツリーを一望できるところが西新井側の魅力です。

また、北千住側よりも観覧場所が広く比較的空いているので、快適に観賞できるところがおすすめです。

荒川西新井橋緑地

最高の観覧スポットでありながらも敷地が広いため場所も確保しやすいと言うありがたい場所。

花火の打上地点の真正面に位置ですので、大迫力で花火を観賞できます。

アクセスは東武線「小菅駅」「五反野駅」「梅島駅」が便利です。

徒歩で約15分くらいです。

場所を選びたいのであればお昼頃から行くのが良いですが、夕方でもまだ場所は確保できます。

足立の花火 有料観覧席情報

足立の花火の有料観覧席は

チケットぴあ、サークルK・サンクス、セブン-イレブンなどでチケットの購入が必要です。


2019年6月22日(土) 10:00より販売開始です!

シングルセンターシート 5000円
※1名のみ入場可/千住側 

シングルサイドシート 3500円
※1名のみ入場可/千住側

4人がけテーブル席 18000円
※4名まで入場可/西新井側

ペアシート 7000円
※2名分/西新井側

トリプルシート 10500円
※3名分/西新井側

スポンサーリンク

場所取りのオススメの時間帯は?

どうせ鑑賞するならシートを敷いてゆっくり観たいものですよね。

何時頃までに会場に行けば良いでしょうか?

一番人気のエリアは花火に一番近い北千住側の鑑賞エリアになります。

こちらは人気の場所なので当日であればお昼過ぎには会場に行くようにしたいですね。

1週間くらい前から場所を取っている人もいるようです。

対岸の西新井側は北千住側ほど混雑はありませんので、少しゆっくり出かけたい方にはおすすめです。

場所を選びたい方は遅くても15時頃には会場に行きましょう。

場所によっては夕方頃でも場所が取れるスペースがあります。

北千住側よりも敷地が広いので余裕もありますね。

どの場所にしても14時から15時までには会場に行くことをおすすめします!

屋台は出る?

出店

足立花火大会では屋台も出ますが、河川敷には原則屋台の出店が禁止になりますので、会場から少し離れた場所に出店されます。

集中しているスポットは北千住から土手までの道のりに例年多く出ていますので向かう途中で購入しながら向かう感じになります。

また、近隣の商店街でも花火大会に合わせ出店があったりイベントを行なっているようです。

昨年の近隣商店街イベント情報

商店街 出店

アクセス情報

会場は東京メトロ千代田線、つくばエクスプレスの鉄橋から西新井橋の間になりますので、アクセスは東京メトロを使っての移動が一番良です。

◆北千住側
 
地下鉄(千代田線・日比谷線) 北千住駅 (4番出口)から徒歩20分
 
JR・東武・つくばEx 北千住駅 (西出口)から 徒歩20分〜
 
日暮里・舎人ライナー 足立小台駅より徒歩25分
 
 
◆西新井側
 
東武伊勢崎線・スカイツリーライン 五反野駅から徒歩25分
 
東武伊勢崎線・スカイツリーライン 小菅駅から徒歩25分
 
東武伊勢崎線・スカイツリーライン 梅島駅から徒歩25分
 
 
特に北千住駅や五反野駅は最寄駅のため混雑しますので早めに向かうのが良いですよ。
 
 
目安は15時頃!

 

スポンサーリンク

会場付近の交通規制・駐車場・駐輪場は?

花火大会当日の会場付近は交通規制が行われますので、車での来場は控えましょう。

 

足立区 交通規制
*クリックで拡大できます。

会場付近は交通規制が行われます。

駐車場はありません。

どうしても車で来る方は離れた地域のコインパーキングを利用するのが良いでしょう。

会場近くには車では入れませんので注意してください。

駐輪場が会場付近にありますので、上の交通規制図で確認してください。

足立の花火 トイレはどれくらいある?

トイレは花火大会の会場に仮設トイレが30ヶ所に設置される予定です。

仮設トイレとなりますので、ご自身でトイレットペーパーやティッシュペーパーなどを持っていかれるのが良いかと思います。

30ヶ所あっても混雑しますので、特にお子様連れの方は周辺の駅などで事前に済ませておくと良いでしょう。

足立の花火2019の基本情報

 

第41回 足立の花火

日時:2019年7月20日(土)
※雨天時は中止

場所:東京都足立区千住大川町 荒川河川敷 東京メトロ千代田線〜西新井橋の間

打上時刻:19時30~20:時0

打上数:約1万3000発

アクセス:
JR常磐線・地下鉄・東武スカイツリーライン・つくばエクスプレス北千住駅から 徒歩15分

東武スカイツリーライン小菅駅五反野駅梅島駅から 徒歩15分

東武スカイツリーライン西新井駅 徒歩25分

日暮里・舎人ライナー足立小台駅から 徒歩25分

駐車場:なし

足立の花火2019の穴場鑑賞エリアは?屋台やアクセス情報のまとめ

足立区の花火大会は音楽とのコラボレーションだったり、観覧者参加型だったりと観客を楽しませる工夫がたくさんあります。

場所がら東京スカイツリーが一緒みみれたり東京ならではの花火大会ですね。

大変な混雑になりますので、あらかじめ情報を確認してから観覧に出かけましょう!

 

・会場は西新井側の方が場所も広く北千住側より空いている。

・利用路線は東京メトロ・東武伊勢崎線が便利。

・屋台は会場に向かう途中に出店されている。

スポンサーリンク
関連記事>>足立の花火2019!地元の人が教える穴場スポットをご紹介!

関連記事>>足立の花火大会は車椅子でも大丈夫!専用観覧場所や多目的トイレについて解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です