初島の宿泊料金の相場は?民宿はネット予約出来ないってホント!?

首都圏に最も近いリゾートとして、隠れた人気を誇る初島。

そんな初島に宿泊する時の料金の相場の料金はどのくらいなのでしょう?

また、家族で泊まれるホテルや安く泊まれる民宿についても、初島はどうなっているのか気になるところだと思います。

今回は、初島の宿泊施設や宿泊料金の相場など、宿泊する前に知っておきたい情報をご紹介させていただきますね!

スポンサーリンク

初島の宿泊料金の相場は?

 

まずは島に多数ある、民宿の料金からご紹介します。

初島の民宿に関しては一律料金となっています。

◆1泊2食付き

中学生以上 7,000円

小学生 6,500円

3歳〜5歳まで 5,000円

 

◆1泊朝食のみ

小学生以上 5,000円

・1泊夕食のみ

小学生以上 6,500円

 

◆素泊まり

小学生以上 4,000円

3歳〜5歳まで 2,500円

このような料金体系になっています。

また、初島には民宿だけではなく、バーベキューとセットになったトレーラーヴィラでの宿泊施設もあります。

料金に幅がありますが、日付や時期、宿泊人数によって料金が変わってきます。

 

アジアンリゾート ヴィラ

PICA初島にあるアジアンテイストのヴィラです。

夕食はセルフバーベキュースタイルでステーキが楽しめます。

朝食もついていて、前日の夜に部屋まで運んでくれますので、好きな時間に食べることが出来ます。

ちょっとしたキャンプスタイルですね。

1泊2食で、11,700〜22,800円です。

予約はこちら アジアンリゾートヴィラ

 

トレーラー ヴィラ

こちらもPICA初島にある宿泊施設です。

トレーラーが部屋になっており、キャンプ気分を味わえるちょっと変わったホテルです。

こちらでも、夕食にバーベキューやステーキを楽しめます。

また、サザエなどの海鮮もあります。

セルフバーベキュースタイルで楽しめます。

トレーラーに泊まるなんて、大人も子供もワクワクしますよね。

最近流行のキャンプ。

トレーラで楽しみ方は多いのではないでしょうか。

1泊2食で、12,700〜27,200円です。

予約はこちら トレーラー ヴィラ

 

 

初島の民宿の予約方法は?ネット予約が出来ないどころか電話しても話が通じない!?

最近ではホテルや民宿はネット予約が多くなりましたが、初島の民宿に関してはネット予約ができません。

初島リゾートはネット予約が出来ますが、民宿はホームページすらありません。

民宿の宿泊予約をしたい場合は、初島の民宿案内所(電話番号:0577-0557-1400)に電話をして予約を取るのが正解です。

こちらに電話をして希望などを伝えましょう。

民宿に直接電話をしてしまうと、お留守番をしているおじいちゃんやおばあちゃんが電話に出てしまい、話がうまく通じない恐れがあります。

ちなみに初島の民宿は地元の漁師さんがやっている場合が殆どで、初島の民宿街に多く立ち並んでいます。

初島の漁師めしが食べられるかも知れませんね。

 

スポンサーリンク

 

初島の宿泊 家族におすすめなのはどこ?

家族連れにオススメなのは、やはり初島アイランドです。

初島アイランドのバーベキューセットは家族でバーベキューを楽しめますし、お子様にとっても色々楽しめるものが揃っています。家族の思い出づくりにはもってこいです。

宿泊料金を安く抑えたいのであれば、民宿に泊まることも考えるのもアリです。

民宿は安く泊まれる上に美味しい料理も楽しめますので、いいことずくめに見えますよね。

ただし民宿は数も多く、玉石混合の面があるので注意が必要です。

ご飯が口に合わなかったり部屋が狭かったりなど、ホテルでの宿泊に比べて不満が出やすいのが難点ですね。

 

熱海での宿泊も視野に入れてみよう!

初島に行く際に高齢者も一緒であれば、無理に初島に泊まる必要はありません。

初島は釣りやシュノーケリング、バーベキューなどアクティブな娯楽が楽しめるところがメインで島の散歩をするにしても高齢者の方には少しきついと思います。

そういった事を考えると、温泉がある熱海に宿泊した方が喜ばれるはずです。

初島から熱海港までは25分程度で移動できますので、移動の負担はそこまでかかりません。

その上熱海は温泉街で、宿泊施設には事欠かないです。

同行する高齢者の意見を聞き、初島に宿泊するか熱海に宿泊するかを決めるといいですね。

 

まとめ

初島に宿泊する時には、リゾートホテルか民宿のどちらかに泊まることになります。

リゾートホテルは料金は高めですが、ラグジュアリーな一時を楽しめます。

一方民宿は料金は低めですが、民宿によって当たり外れがあるのが難点です。

また、高齢者がいる場合は無理して初島に宿泊せず、熱海に戻ってゆっくり温泉に浸かるのもいいでしょう。

熱海にはたくさんの宿泊施設があるので、お好みに合わせて選ぶことが可能です。

初島に遊びに行った際は、今回紹介した情報を基に、自分の予算や都合に合わせた宿泊先を見つけてくださいね!

参考になりましたら幸いです!

 

関連記事>> 初島とはどんなところ?なにができるの?すぐ行ける離島の魅力、楽しみ方を解説!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です