しまい洗いに柔軟剤は必要?衣替えの時に使うメリットとデメリットを調べてみた!

衣替えのしまい洗いの時に、柔軟剤って必要ですか?

こんな疑問が生まれたので調べてみました。

衣類をしまう前の洗濯では、柔軟剤を使うメリットも沢山ありますが、実は使わない方がいい場合もあるのです。

今回はしまい洗いの際に柔軟剤を使うメリットや、デメリットなど、しまい洗いと柔軟剤の関係について詳しくお話ししていきますね!

しまい洗いに柔軟剤は必要?

しまい洗いとは衣類を黄ばみや虫食いから守るための洗濯ですが、柔軟剤は必ず必要なものではなく、いわばオプションの様な存在です。

柔軟剤を使わなくても衣類は綺麗に洗えますので、柔軟剤の必要性を感じない方もいます。

しまい洗いをした後に衣類を長期間収納しますが、柔軟剤を使ったからといって防虫などの特別な効果がある訳ではありません。

しまい洗いに、柔軟剤は必要不可欠という事ではありません。

これから紹介する柔軟剤の効果やメリットを知り、注意点を知った上で柔軟剤を使うかどうかを判断して見てください。

しまい洗いについて別の記事で解説していますので、良かったら参考にしてみてください。


スポンサーリンク

柔軟剤の効果やメリットは?

柔軟剤の使用は絶対ではないのですが、メリットが無いわけではありません。

柔軟剤を使うメリットを挙げてみます。

衣類を柔らかくする

「柔軟剤」という名前の通り、洗濯した衣類の手触りを柔らかくする効果があります。

香りづけ効果

衣服に洗剤だけでは出せない、好きな香りをまとわせる事が出来ます。

静電気防止

柔軟剤には衣類の繊維をコーティングする効果があり、それにより静電気を防止してくれます。

臭い防止

柔軟剤によっては臭い防止成分が配合されていますので、長期間しまうことでついてしまう臭いを軽減することが出来ますね。

柔軟剤のデメリットは?

つぎにしまい洗いで柔軟剤をつかうデメリットを紹介します。

柔軟剤の1番のデメリットは、いわゆる「スメルハラスメント」になってしまう危険性がある事です。

最近では香り重視の柔軟剤が沢山売られ、更に香りを楽しみたいと柔軟剤の量を増やして洗濯している方も多くいます。

しかし、使っている本人はいい香りだと思っていても、周りの人からしたら強い香りだと思われているかもしれないのです。

人によっては柔軟剤の香りで頭痛・吐き気・くしゃみなどの症状が起きる方もいます。

柔軟剤には様々な化学物質が配合されており、その化学物質に反応してアレルギー反応が起こると考えられています。

この様な状態になる事を「化学物質過敏症」と言い、年々患者数が増えていると言われています。

現代ではこういった不満を良くも悪くも主張しやすい世の中になっています。

しまい洗いの際に利用するのであれば、次のシーズンに衣類を着る前にもう一度柔軟剤なしで洗濯をするようにするとトラブルは避けられます。

 

衣替えあとの選択について別の記事でご紹介していますので、参考にしてみてください。


肌が弱い人や赤ちゃんがいる場合は柔軟剤の利用は慎重に!

柔軟剤使用のデメリットはハラスメントのお話だけではありません。

肌が弱い方や赤ちゃんがいる場合は、肌トラブルの原因になりかねません。

なぜかというと柔軟剤の成分は、洗濯した後も繊維の中に残るからです。

肌が弱い方や赤ちゃんがいるご家庭は柔軟剤の使用を控えるか無添加の柔軟剤を選ぶ様にしましょう。

香りが強い柔軟剤は刺激も強いので、使わない様にしてくださいね。

 

柔軟剤の良さの一つにいい香りがありますが、子供が小さい時には強い香りがなく、安全な無添加の柔軟剤を使っていました。

アトピー体質の方にも赤ちゃん用の柔軟剤はおすすめです。

うちの場合はいろいろ使ってみた結果、ベビーファーファーを使うようになりました。

香りは強くないので、香りを楽しみたい方には向いていませんが、衣類もしっかり柔らかくなりますので肌の弱い方にはとても良いと思いますよ。


スポンサーリンク
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ベビーファーファ 濃縮柔軟剤(600mL)【ファーファ】
価格:482円(税込、送料別) (2019/3/29時点)

 

CHECK!>>その他の無添加・オーガニック柔軟剤はこちら!  【楽天】

柔軟剤が向かない衣類とは?

次はデメリットとも言えますが、使わないほうが良いものとしてご紹介したいと思います。

柔軟剤は繊維をコーティングする為、衣類の吸水性を下げてしまう事にも繋がります。

例えば、

  • タオル
  • 寝具カバー
  • 肌着
  • パジャマ
  • スポーツインナー

これらは吸水性が重要視される為、柔軟剤を使う事はオススメできません。

ただし、使うと吸水性が下がってしまう事を理解していれば、柔軟剤を使うのは問題ありません。

 

スポンサーリンク

 

また、機能性撥水繊維で出来た衣類につても使用を控えたほうが良いです。

柔軟剤を使うと、逆に水が染み込みやすくなってしまいます。

  • スキーウェア
  • 雨合羽
  • レインコート

あまりこれらを洗濯機で洗う事はないと思いますが、自宅で洗濯する場合は柔軟剤を使わず、洗剤のみで洗う様にしましょう。

まとめ

衣替え前のしまい洗いに柔軟剤が必要かどうかについてまとめてみましたが、必要がどうかに関しては必要性はないということです。

使うことに関しては衣類にもよりますがどちらでも良いです。

しまい洗いの際の柔軟剤の使用はあくまでオプションで、使う使わないは自由に決めて大丈夫です。

柔軟剤のメリットとデメリットをみて使用を決めていただくと良い思いますよ。

柔軟剤を使用するメリット

  • 衣類を柔らかくする。
  • 香りをつけることができる。
  • 静電気や臭い防止の効果。

柔軟剤を使用するデメリットは

  • 「スメルハラスメント」になる可能性があるので配慮する必要がある。
  • 肌が弱い方や赤ちゃんがいる家庭は、柔軟剤の使用は慎重に行いましょう。
  • タオルや肌着などの吸水性が重視されるものの吸水性を下げるリスクがあります。  
  • 機能性撥水繊維の撥水効果を下げてしまう。

柔軟剤はメリットとデメリットを見たところ、衣替えのしまい洗いに使うより、日常の洗濯の時に使うほうがメリットを感じやすそうですね。

皆様の参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です