液晶テレビの画面の油汚れを落とすには?家庭にあるものできれいにする方法!

子供がご飯食べた手で液晶テレビの画面触って画面がテカテカ

お困りではありませんか?

我が家も掃除する気が失せるくらい光り輝いてます。

拭いても脂がのびて余計に汚れる。。

テレビ画面の汚れってなかなか取れないですよね。

実は液晶テレビの画面についた油汚れや手垢を、簡単に落とせる方法があるのです!

しかも用意する物が少なく、高度なテクニックも必要ないのです!

今回は液晶テレビの画面をきれいにする方法をご紹介させていただきますね。

スポンサーリンク

液晶テレビの画面の汚れを簡単に落とす方法は?

液晶テレビの画面についた油汚れは、家庭に置いてあるもので簡単に落とす事が出来ます。

用意するものは、中性洗剤です。食器洗いに使う洗剤でOKですよ。

お掃除の仕方
  1. 中性洗剤を水の中に溶かし、その中に端切れやストッキングなどの柔らかい布を浸します。
  2. しっかりと絞った後、液晶画面をゆっくり優しく拭いていきましょう。
  3. 油汚れが取れたら、軽く乾拭きをしてお掃除終了です。

注意点が2点あります。

1つ目は、布をしっかり絞るという点です。

拭いた時に水が垂れてくるようであれば、絞りが足りない証拠だと思ってください。

垂れた水がテレビの内部に入ってしまうと、テレビが故障してしまう恐れがあります。

2つ目は、硬い素材の布を使わないという点です。

硬い素材の布で拭いてしまうと、画面が傷ついてしまうからです。

 

この方法はわざわざ洗剤などを購入しなくても簡単に落とせる方法です。

もうひとつ、身近にあるもので簡単に落とす方法があります。

それは、メガネ拭きやスマホの画面掃除などに使われる「マイクロファイバークロス」を使用する方法です。

もしかしたら、ご自宅にないご家庭もあるかも知れませんが、テレビ画面の掃除用に100均やネットで購入しておくと良いですよ!

スポンサーリンク

液晶テレビの画面の汚れをマイクロファイバークロスを使って落とす方法は?

マイクロファイバークロスを使った、液晶テレビの油汚れを落とす方法をご紹介します。

掃除の方法はとても簡単です。

ほんの少しだけ濡らしたマイクロファイバークロスで、油汚れを拭き取る!

マイクロファイバークロスの細かい繊維が油分を掻き取ってくれる為、洗剤を使わなくても綺麗に汚れを落とす事が出来ます。

お掃除方法はこれだけです。

お掃除のコツ!

マイクロファイバークロスで油汚れを掃除する時は、焦らず少しづつ落としていくとうまく行きます。

一気に取ろうと強い力で拭いてしまうと、画面が割れてしまう危険性がありますのでゆっくり拭いていきましょう。

冒頭に紹介した中性洗剤を使う方法も良いですが、洗剤などの薬品を使わない分こちらの方が安全ですよね。

小さなお子さんがいるご家庭に限らず、この方法で掃除するのがベストなのではないかと思います。

 

マイクロファイバークロスは液晶画面の掃除以外にも、様々な場所を掃除するのに役立ちます。

日頃から何枚か用意しておくといいでしょう。

やってはいけない液晶テレビの画面の掃除方法は?

最後に、やってはいけない液晶テレビの画面掃除方法についてご紹介します。

液晶画面はかなりデリケートですので、掃除の際には注意が必要なのです。

掃除をする際に使ってはいけない洗剤があります。

  • マジックリン
  • かんたんマイペット
  • ウエットティッシュ

一見使っても良さそうに見える品々ですが、使うと大変な事になってしまいます。

これらを使うと、液晶画面のコーティングを剥がしてしまいます。

また、液晶画面クリーナーもあまりオススメできません。

お使いの液晶テレビの機種によっては、画面が曇ってしまったり拭き跡が消えなかったりと、かえって悪影響になってしまう場合があります。

もし、使いたい場合は端っこの方で試してから使用することをおすすめしますが、テレビは簡単に買い換えられるものではありませんので、液晶画面クリーナーは極力使わず、中性洗剤やマイクロファイバークロスを使用して掃除するようにしましょう。

まとめ

簡単にできるテレビの液晶画面の油汚れの落とし方を2つご紹介しました。

液晶テレビの画面についた油汚れは、中性洗剤と柔らかい布を使えば綺麗に落とせます。

マイクロファイバークロスを使用すれば、多少時間はかかりますが、洗剤を使わず油汚れを落とす事が出来ます。

 

注意点 液晶テレビの画面はデリケートですので、マジックリン、かんたんマイペット、ウエットティッシュは液晶画面の掃除には不向きです。適切な使い方をしましょう。

注意点 液晶画面クリーナーも機種によってはトラブルの元になりますので、極力使わないようにしましょう。

お子さんが小さい時は避けては通れないお掃除かも知れませんね。

面倒ではありますが、落とせないものではありませんんので、是非ためしてみてください!

ご参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です