習い事を辞める時の手紙の文例3選!大人用の先生へのお礼状の書き方

習い事を辞める時の手紙の文例3選!大人用の先生へのお礼状の書き方

スポンサーリンク

習い事をやめるときに手紙を書く場合がありますが、文例がないと難しくないですか。

最近では手紙を書く機会も少なくなり、特に目上の先生にあてた手紙となると緊張してしまいます。

マナーもしっかり守って失礼のないような手紙を書くためのポイントを踏まえて、先生へのお礼状の書き方をテンプレートで紹介します。

すぐにでも書き出せるように、手紙の例文も記載してあるので、参考にしてくださいね。

習い事を辞める時に手紙を書く時のポイント

手紙を書くときのポイントは

  • 不満があってもかかない
  • 感謝の気持ちを伝える
  • 退会一か月前には手紙が届くようにする

の3つです。

仮に先生や教室に不満があってやめることになったとしても、手紙には書かないようにしましょう。

基本的には手紙で退会を伝える場合にはやめる理由を詳しく書く必要はありません。

辞めることになったことは必ず書く必要はありますが、感謝の手紙という思いで書くといいですよ。

これまでの感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

退会する意思を伝えるには1か月前くらいというのはマナーです。

事前に退会の意思を伝えており、手紙とお礼の品を贈るという場合にはこの期日は気にする必要はありませんが、退会することも手紙で伝えるという場合には、一か月前までに手紙が届くようにしましょうね。

スポンサーリンク

習い事を辞める時の手紙の書き方テンプレート

習い事をやめるときの手紙のテンプレートとして

 

  1. 季節の挨拶文
  2. 退会すること
  3. 先生との思い出や成長したこと
  4. 感謝の気持ち
  5. 先生の今後の活躍に対しての言葉

を入れるようにします。

冒頭に「拝啓」文末に「敬具」と入れると、より丁寧な挨拶になります。

1から5までを書こうと思うとかなり長くなってしまうのではないかと心配になるかもしれませんが実はそんなこともないので安心してくださいね。

一つの項目に対して一文から二文でまとめると簡潔な手紙になります。

スポンサーリンク

習い事を辞める時の手紙の文例【3選】

簡単な例文をのせておきますので参考にしてみてください。

例文①

拝啓

秋風が吹くさわやかな季節となりました。(季節に合った挨拶)

○○先生におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

○○教室では○年間という長きにわたり(短い間でしたが)、丁寧なご指導をいただき本当にありがとうございました。

このたびは私の事情で教室を退会することとなり申し訳ございません。

ようやく基礎がわかって○○が面白くなり、今後はさらに上達を目指そうと思っておりましたが、都合により教室に通うことが難しくなったため残念ながら退会を決めた次第です。

この○年間は先生の厳しいながらも親身で優しいご指導のおかげで毎回のレッスンが励みとなり充実の日々でした。

発表会やイベントにも参加させていただき、数々の楽しい思い出が出来たことを嬉しく思っております。

この○年間で学んだことと楽しい思い出をいつまでも大切にしたいと思います。

○○先生のような良き師や、教室の素晴らしい仲間に恵まれてレッスンを受けられたことに感謝いたします。

別便で心ばかりの贈り物をお送りしましたので、どうぞお納めください。

お世話になり本当にありがとうございました。

今後も先生のご健康とご活躍をお祈りしつつ、略儀ながら書中にてお礼を申し上げます。

敬具

これは、とても丁寧な手紙ですね。手紙と一緒に菓子折りなどの品物を送った場合には、その旨を最後に伝えるようにしましょう。

もう少し砕けた印象の手紙の文例はこちらです。

例文②

〇〇〇〇教室(〇〇〇〇塾)***様

いつもお世話になっております。

○年間という長い間お世話になりましたが、

この度、わたくしの個人的な事情により、退会させていただくこととなりました。

先生のおかげで、下手ながらも(ギターが弾ける)ようになりました。

はじめは(コードすら分からず、先生に何度も教えてもらいましたね。

それが、コンクールにも出させて頂いたことは、今でも忘れられません。)

本当に感謝しております。

これからも先生のご活躍を楽しみにしております。

ありがとうございました。

〇〇〇〇より

また、やむを得ない事情で習い事をやめることになったけれど、習い事自体は今後も続けたいという気持ちがある場合はこんなお手紙もいいですよ。

例文③

◯◯先生。10年間本当にお世話になりました。

初めてレッスンを受けた日は、10年もの長い間、この習い事が続くとは思いませんでした。

今回は、引越のため、どうしても辞めなくてはいけなくなってしまい、こころから残念で寂しい気持ちです。

たくさんのことを学びました。新たな土地でも、辞めずに続けていきたいと思っています。

先生も、お体に気をつけて、これからさきもステキなレッスンを続けていってください。

これはささやかですが、感謝のプレゼントです。受け取ってください。

また、どこか発表会などでお会いできることを祈っています。今まで、本当にありがとうございました。

自分の置かれている状況や、習い事の先生との関係に合わせてテンプレートとなる例文を選んでみましょう。

基本的に書くことが決まっていれば、あとば自分の経験に合わせて文を書いていくだけなので、思っているより簡単に文章を作ることができますよ。

習い事の手紙は文例を参考にすることで、とても簡単に書き進めることができます。

スポンサーリンク

習い事を辞める時の手紙の文例3選まとめ

仮に先生や教室への不満があって辞めることになったとしても、そのことは書かずに感謝の気持ちを伝える手紙ということを意識して書くとスムーズで素敵な手紙に仕上がりますよ。

最低限のマナーとして、手紙は退会の一ヶ月前までには届くようにし、先方に退会の意思を伝えましょう。

先に電話などで辞めることを伝えている場合は特に期間は気にしなくてもいいかと思います。

退会の際の手紙は先生に対して生徒からの最後の言葉になるので感謝の気持ちをしっかり入れて書くようにしましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です