紫外線吸収剤の害や敏感肌への影響は?安全な日焼け止めの選び方もご紹介!

紫外線吸収剤り入の日焼け止めに注意!

日焼け止めの成分として「紫外線吸収剤」というものが入っているのですが、実はこの成分は肌の弱い人にはおすすめできないんです。

せっかく肌を守る為に塗っているものが、肌にとって負担になるのならば悲しいですよね。

今回は、紫外線吸収剤の肌への害や、紫外線吸収剤が入っていない日焼け止めの選びかたなどお話したいと思います。

スポンサーリンク

紫外線吸収剤の肌への害はどんなもの?

肌の弱い人が紫外線吸収剤入りの日焼け止めを使い続けると、肌へのシワやシミができやすくなると言われています。

特に日焼け止め以外にも紫外線吸収剤を含む化粧品をいくつも使ってしまう事はよくありません。

UVカット機能のある乳液・化粧下地・ファンデーション・フェイスパウダーなどには、紫外線吸収剤が配合されている可能性があります。

紫外線吸収剤が配合されている化粧品をいくつも使うと、結果的に紫外線吸収剤を決められた量以上に肌につけてしまう事になります。

その結果、皮膚の細胞に大きなダメージを与え、シミやシワの原因になってしまうと言う訳なのです。

 

紫外線吸収剤の中にはフェノール系化合物・フェノール系化合物と類似するベンゼン系化合物があり、これらはタール系色素や酸化防止剤などと同じく、発ガン性のある危険な成分だと言えるのです。

もちろん、そういった危険のある成分ですので、1つの商品の中に入れられる量は決められています。

1回使ったからといってすぐガンになるわけではなく、適量を守って使えば問題はありません。

日焼け止めの正しい使い方として、日焼け止めの使用期限について別の記事で紹介していますので、気になったらぜひ参考にしてみてください!


紫外線吸収剤入の日焼け止めを使わずに日焼け対策をするには?

肌の敏感な人やかぶれやすい人、紫外線吸収剤を避けたいと言う方はどうやって日焼け対策をすればよいのでしょうか。

日焼け止めをつかうのであれば「紫外線散乱剤」を使用した化粧品や日焼け止めを使う事をおすすめします。

以前は紫外線吸収剤と紫外線散乱剤が同時に配合されていましたが、段々と紫外線吸収剤の影響が問題視され、紫外線吸収剤不使用のものが出始めました。

肌が敏感な方やかぶれやすい方は、化粧品の成分表示も確認し、添加物の少ないものを選ぶように心がけましょう。

紫外線散乱剤とは?

紫外線散乱剤「ノンケミカル」とも呼ばれ、肌の上で紫外線を跳ね返す、いわば肌の上でバリアを作るような働きをします。

紫外線吸収剤(ケミカル)は、紫外線のエネルギーを吸収してしまいますので、敏感肌にとって刺激になりやすいです。

それに対して紫外線散乱剤(ノンケミカルは、紫外線を散乱させますので、肌の上でエネルギーを吸収するということがあまりありません。

以上のようなことから肌への負担が少なく、誰でも安心して使えるのが紫外線散乱剤特徴です。

ノンケミカルの日焼け止めの選び方と注意点

紫外線散乱剤入りの日焼け止めを使用したほうが肌への負担が少ないとわかったところで、商品を選ぶ時にはどの様な部分に気をつけて買うべきかご紹介します。

日焼け止めを探すときは、「吸収剤不使用」「ノンケミカル」と謳われた商品を選ぶようにするといいですね。

また、肌に塗りやすいジェルタイプは便利ですが、紫外線吸収剤が配合されているタイプが多いので注意しましょう。

「吸収剤不使用」「ノンケミカル」は比較的ローションタイプに多いので、ローションタイプの日焼け止めを探すようにすると見つかりやすいですよ。

 

紫外線吸収剤の肌への悪影響を知り、ノンケミカルのものを探してこれを使っています。

リピート決定です!

「塗る日傘」という名前の通り、SPF50+ PA ++++の強力な日焼け止めです。

紫外線吸収剤不使用というだけではなく、天然植物由来の成分を多く配合し、肌にとにかく刺激のない日焼け止めとなっています。

  • 伸びが良く、塗ったあとっもたべたした感じはなく不快さゼロ!
  • 少し白くなりますが、メイクすると馴染むし、よく塗り込めば白くなくなります。
  • スキンケア後のベースもこれでいけそうです!

使った感想も皆さんのレビューとおりでした。

ちょっと白くなりますけど、よく塗り込めば問題ないですよ!

まとめ

日焼け止めの紫外線吸収剤の害についてお話ししました。

敏感肌の人は極力利用を控えましょうということであって、紫外線吸収剤入の日焼け止めや化粧品を使うとすぐにガンになったり、シミが出来たりするというお話ではありません。

紫外線吸収剤入りでも適度な利用であれば問題ないと私は考えています。ノンケミカルとの違いなど参考にして日焼け止めを選んでいただけたらと思います。

100%安全な化粧品などは無いわけですからね。

 

  • 日焼け止めに含まれる「紫外線吸収剤」は、将来シミやシワなどの原因になる可能性があります。
  • 発がん性もありますので、紫外線吸収剤入りの化粧品をいくつも使うと肌に良くありません。
  • 日焼け止めは「ノンケミカル」や「吸収剤不使用」と書かれたものを選びましょう!

 

今年の夏の紫外線対策、みなさんのお役にたてたら幸いです。

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です